English Blog
投稿日
更新日

【YouTube・TikTok】動画撮影に必要な機材を紹介

LiDARスキャナー

ビジネス面から好きなことを発信する際に欠かせないSNSですが、文章や画像だけでなく、動画までクオリティの高さを求められるようになってきました。

今後より動画での配信の需要が高まり、SNS上での動画を活用したマーケティングの需要はさらに高まると推測されてます。

この記事で分かる事

  • 動画撮影に必要な機材

インターネットの広告費はテレビ・雑誌・新聞・ラジオ4つの広告費の合計分を超しました。

それほど多くの企業はインターネット広告にシフトしている為、SNS上で発信する事に重要な役割を持つようになりました。

YouTubeやTikTokの動画撮影に必要な機材

まず初めに動画を撮影し編集するまでに必要な機材を紹介します

必須の機材

  • カメラ
  • 三脚
  • 動画編集ソフト

上記三点が必要な機材です。

あると便利な機材

  • マイク
  • パソコン
  • ジンバル
  • 照明

カメラの種類

スマートフォンのカメラ
スマートフォンのカメラ 最近は4Kや8Kで撮影できるスマートフォンも登場しており、画質がとてもきれいなためおすすめです。
誰でも持っているので、最初はスマホから始めるのをおすすめします。
アクションカメラ GoProなどが代表的ですが、アクションカメラはコンパクトで画角が広く臨場感を出すことができます。
画質はとてもきれいで、ヘルメットや自電車に取り付けられる頑丈なカメラです。
一眼レフ 値段は少し高いですが画質の綺麗さ、ボケの自然さがダントツです。
レンズを交換できるので様々な表現方法が可能です。

自宅や場所を借りて、カメラを動かさないようであればスマートフォンでも全く問題はありません。
スマートフォンも高画質での撮影が可能で、iPhoneで映画を作成した方も。

最近テレビ番組でもスマホを利用しているシーンがあるので、それほどスマホのカメラでもテレビ放送に使えるクオリティである事が分かります。

iphone

【iPhone 13】歴代iPhoneのカメラ性能一覧・比較

派手な動きを撮影したい際はGoProOsmo Actionなど、体に装着できるカメラをおすすめします。
防水機能があったり衝撃に強い作りになっている為、様々な環境で効果を発揮します。
高画質かつ、手振れ機能の向上によりクオリティの高い動画を撮影できます。

一眼レフカメラでYouTube動画を撮影する方も中にはいらっしゃいますが、大体はスマホで問題ないでしょう。

YusukeGoto カメラブログ

【カメラの基本設定】初心者のためのマニュアル撮影方法

一眼レフはレンズを交換できるので、望遠レンズに交換したらと遠くの動物を撮影する事も可能です。
野生の動物の動画を撮影したい方は必須のカメラです。

三脚


商品レビューや友人などと企画を立てて撮影する際には三脚が必須になります。

最近は100円ショップでもスマートフォンを固定できる三脚が販売されており、だれでも購入できます。

スマートフォンやアクションカメラを固定する程度であれば小さな安い三脚でも問題ありませんが、一眼レフに利用する際はある程度しっかりした三脚を購入しなくてはいけません。

動画編集ソフト

SNSで動画編集 スマートフォンだけで完結でき、最近は様々なエフェクトやCGが使えます。
InstagramやTikTokの場合はアプリだけで十分です。
無料の動画編集ソフト 動画編集に必要な基本的な機能はありますが、ソフトによっては字幕のテンプレートがある程度決まっていたりします。
CGなどもつけられない動画編集ソフトがあるので、駆け出しにおすすめの動画編集ソフトです。
有料の動画編集ソフト AdobeのPremiere ProやAppleのFinal Cut Proは映画製作にまで利用されるほど高機能で、字幕やCGはもちろん、細かな調整ができます。
クオリティの高い動画を制作したい場合には有料の編集ソフトが必須ですが、機能が豊富過ぎて難しいです。

ショート動画を投稿する際は、InstagramやTikTokに標準で利用できるエフェクトやCGを利用して動画を編集しましょう。
最近のSNS内での動画編集はクオリティが高く、プロが作ったような映像になります。

Final Cut Pro X 動画編集

【Final Cut Pro X】4K60fpsや4KVR動画編集の推奨スペック(MacBookPro)

YouTubeをこれから試してみたい方には無料の動画編集ソフトを利用してみましょう。
動画編集ソフトは有料の物だと値段が高く、気軽に購入できるものではありません。
無料の動画編集でも基本的な「カット」「結合」「テロップの挿入」「音量の調整」などはできるので、使いこなせればクオリティの高い動画を制作できます。

Final Cut Pro X 動画編集

【360°も紹介】Final Cut Proの動画編集の始め方

これからYouTubeに本気で挑む場合は有料の動画編集を購入しておくと、他のチャンネルと差別化できる可能性もあります。
有料の動画編集ソフトは4Kや8Kなどの高解像度の編集にも対応しており、動画の編集も機能が豊富でテレビ番組のような動画も制作できます。

マイク


「料理」「ものを作る」「怪談師」などのジャンルは音がいいと視聴者の視聴維持率が伸びる可能性があります。
最近のイヤホンは音質がとてもよく、いいマイクで撮影した音をイヤホンで聞くと臨場感が溢れます。

外でYouTube見る際は画面を見ないで音だけで再生する方もいるので、ジャンルによってはマイクにこだわるのもいいかもしれません。

パソコン

パソコン YouTube動画を編集する際に必要
スマートフォン InstagramやTikTok動画の場合はスマホだけでも問題なし

高機能な動画編集ソフトで動画編集するにはパソコンが必要ですが、ショート動画であればスマホでも問題ありません。

Final Cut Pro X 動画編集

【Final Cut Pro X】4K60fpsや4KVR動画編集の推奨スペック(MacBookPro)

スマホでも無料の動画編集ソフトがあるので、パソコンがなくても無理に購入する必要はありません。

ジンバル

ジンバル

ジンバル一見手持ち三脚のように見えますが、動かしてもカメラが動かないように設計されてます。

YusukeGoto カメラブログ

【OSMO Mobile】スマホカメラで綺麗な動画を撮影する方法・ジンバル撮影

ジンバルは充電された電気によって動いており、カメラを動かしてもカメラの平行感覚をキープしてくれる機材です、

映画のような映像をスマホでも撮影できます。

照明

美容系や商品レビューの際は照明が必要な場合もあります。

最近は3coinsでも証明が販売されており、安く調達する事も可能です。


上記画像のようにスマホを中心にして周囲を明るくしてくれるので、明るさの村を減らす事も可能です。

他の発信媒体と掛け合わせて発信しよう

今回は動画配信について紹介してきましたが、一本化してもうまく成果が出ない可能性もあります。

そのような事をなるべく減らすために、他のSNSで宣伝する方法も活用していきましょう。

【フリーランス・副業】個人で稼ぐためのマーケティング方法