SNS・YouTube

【360カメラ】VRカメラの性能と価格、解像度や画素数を比較

Facebookが社名をMetaに変更することからVRやARが再び注目され、VRやARが私たちの生活に今まで以上に関わってくる事が予測できます。

VR空間にイラストを描いたり、コミュニケーションを取ったりできます。VR写真はVRコンテンツの中でも特に簡単に作りやすく、スマートフォンで作る事ができます

RICOH

RICOHは日本に本社を置く会社で、3万円台から12万円台のVRカメラを作っています。

RICOH THETA Z1

名前 リコー RICOH THETA Z1 51GB
価格 132,800円(税込)
解像度(写真) 6720×3360
解像度(動画) 4K 3840×1920 30fps
画素数 約2,000万画素 (x2)
F値 F2.1
マイク 4方向
容量 51GB
充電方法 USB Type-C

RICOHの最上位のVRカメラで、7KのVR写真、4Kの動画を撮影することができます。

また、RAWでの保存が可能で、高度な写真編集に向いているVRカメラです。

RICOH THETA V

名前 RICOH THETA V
価格 63,900円(税込)
解像度(写真) 5376×2688
解像度(動画) 4K 3840×1920 30fps
画素数 1200万画素(×2)
F値 F2.0
マイク 4方向
容量 19GB
充電方法 microUSB

中間モデルですが、4Kの写真と動画を撮影できます。

4方向にマイクが付いており、向いてる方向で聞こえる音が違います。

RICOH THETA SC2

名前 RICOH THETA SC2
価格 36,800円(税込)
解像度(写真) 5376×2688
解像度(動画) 4K 3840×1920 30fps
画素数 1200万画素(×2)
F値 F2.0
マイク モノラル
容量 14GB
充電方法 microUSB

RICOHのVRカメラで1番手軽に購入でき、36,800円で購入できます。

株式会社アスク

アウトドア用品からIoT製品など幅広い分野の製品を生み出している会社です。

PanoClip



名前 【PanoClip】

価格 7,150円
解像度(写真) iPhoneカメラによって変わる
解像度(動画) iPhoneカメラによって変わる
画素数 iPhoneカメラによって変わる
F値 iPhoneカメラによって変わる
マイク iPhoneマイク
容量 iPhoneによって変わる
充電方法 充電不要

唯一1万円以下のVRカメラですが、iPhone7シリーズ〜iPhone Xシリーズしか対応していません。

仕組みとしてはiPhoneのカメラを二つ使用し、繋ぎ合わせVR画像を作り上げています。

Insta360

深圳嵐ビジョン株式会社のカメラブランドで、iPhoneに取り付けられるVRカメラも販売しています。

Nano S

名前 Nano S
価格 11,380円(税込)
解像度(写真) 6272×3136
解像度(動画) 3840×1920 30fps
画素数 2,000万画素
F値 F2.2
マイク モノラル
容量 SDカード(最大128GB)
充電方法 Micro-USB

iPhoneに取り付けるVRカメラで、iPhoneに取り付けることができるので両手が塞がらないメリットがあります。

Nano SはLightningコネクタに対応したiPhoneと接続ができます。

またRAW撮影が可能で、高度な写真編集にも対応しています。

ONE X2

名前 ONE X2
価格 55,000円
解像度(写真) 6080×3040
解像度(動画) 5.7K@30fps
画素数 1800万画素
F値 F2.0
マイク 4方向
容量 SDカード(最大1TB)
充電方法 Type-C

ONE X2は水深10M以内であれば撮影が可能で、手ぶれ補正機能もあります。

NARUTOとコラボ版のカメラもあり、サスケの輪廻眼と写輪眼バージョン。ナルトの九尾モードがあります。

RAWで撮影できる他、AI編集にも対応しています。

GoPro

GoProなどアクションカメラでとても有名な会社で、VR撮影できるアクションカメラを販売しています。

GoPro MAX

名前 GoPro MAX
価格 61,000円
解像度(写真) 1,600万画素
解像度(動画) 5.6K
画素数 1,600万画素
F値
マイク 6方向
容量 SDカード
充電方法 USB Type-C(予備バッテリー可)

水深5M以内であれば撮影が可能で、手ぶれ補正機能もあります。
激しい動きの撮影でもなめかかな動画の撮影が可能。

バッテリー交換ができるので、予備のバッテリーを持ち歩き長時間の撮影ができます。

KANDAO

VR映像のハードウェアとソフトウェアの両方を開発している会社です。

QooCam 8K

名前 QooCam 8K
価格 198,800円
解像度(写真) 7680 X 3840
解像度(動画) 8K 7680 X 3840 30fps
画素数 2000万画素
F値 F2.0
マイク モノラル
容量 64GB
充電方法 USB Type-C

4Kだと120fpsでの撮影ができるのでとても滑らかな動画が撮影できます。

Canon

一眼レフやコピー機などのイメージが強いCanonですが、最近180°撮影できるレンズを発表しました。

RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE

名前 RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE
価格 275,000円(税込)
解像度(写真)
解像度(動画)
画素数
F値 F2.8
マイク
容量
充電方法

EOS R5に対応しているレンズで、180°の撮影が可能です。

RICOH THETAか、Insta360が狙い目

RICOH THETAとInsta360はアプリの機能が豊富で様々な編集が可能です。

いろんなタイプのVRコンテンツを作りたい方はアプリも注目して選ぶといいかもしれません。