SNS・YouTube

高校生の時から楽天経済を使い、6年間で10万ポイント以上貯まった

楽天ポイント 高校生

日本国内のIT企業でも特に有名な楽天グループ株式会社。

楽天市場や楽天証券、楽天カード、楽天トラベルなど、約90種類のサービスを展開しており、楽天会員になれば大体のことは楽天で済みます。

僕も楽天を愛用していますが、高校生の時から7年くらい利用しており楽天ポイントは12万ポイント近くまでたまっています。

そこで今回は高校生からでも楽天経済を使用するメリットを紹介します。

高校生でも使える楽天サービス

私は高校生の時楽天市場しか使っていませんでしたが、1年間で10,000ポイント貯めることができました。

楽天市場だけで10,000ポイントなので、他のサービスを活用することでさらに楽天ポイントを貯めることができます。

楽天市場

難易度 簡単
貯まるスピード 他の楽天サービスを使うとより貯まりやすい
リスク 買いすぎてバイト代がなくなる

楽天のメインサービスである楽天市場で購入すると、楽天ポイントがたくさん貯まります。

キャンペーンやイベント開催しているときに買い物をすると、ポイントが普段の10倍以上付与されることもあります。

他にも楽天のサービスと併用することで常にポイントがアップします。

楽天のサービス併用でポイントが増える

  1. 楽天会員
  2. 楽天モバイル契約
  3. 楽天カード もしくはプレミアカード
  4. 楽天カードの支払いを楽天銀行に
  5. 楽天カードで楽天生命保険の支払い
  6. 楽天証券でポイントを含めた500円以上の投資
  7. 楽天ウォレットで30,000円以上暗号資産を購入
  8. 楽天トラベルで5,000円以上の予約
  9. 楽天市場アプリ、楽天ブックス、楽天Kobo、Rakuten Pasha、Rakuten Fashionアプリ、楽天ビューティーなどの使用

楽天市場のポイントアップを獲得するには楽天のサービスを活用する必要がありますが、高校生の場合は楽天カードや楽天証券、楽天ウォレットなどは使用できないので9番のサービスを使用するとポイントアップできます。

楽天Edy

難易度 簡単
貯まるスピード コンビニなどで使えば使うほど貯まる
リスク チャージなのであまりなし

EdyはSuicaやPASMOのようにチャージをして支払う楽天の電子マネーです。

コンビニや対応している自動販売機で支払うことができ、200円ごとに1ポイント付与されます。

Edyはコンビニやスマホからチャージできます。

楽天銀行デビットカード

難易度 普通
貯まるスピード クレジットカードが使用できる場所ではどこでも使えるので、Edyよりかは貯まる。
楽天ペイやペイペイにも設定できる
リスク 銀行の預金分しか使えないので、最悪バイト代がなくなるくらい

デビットカードで支払うと100円につき1ポイント付与され、クレジットカードが使用できる場所では大体使用できます。

16歳から申し込みができるので、高校生におすすめの支払い手段です。

デビットカードは銀行にある金額分しか使えないので、支払いを滞納してしまう危険性はありません。

楽天ブログ×楽天アフィリエイト or 楽天ROOM

難易度 難しい
貯まるスピード 最初の1ポイント獲得までが一番遅い
リスク 費やした時間

楽天ブログ×楽天アフィリエイトもしくは楽天ROOMは自分の書いた文章経由で商品が売れると、そのその報酬として楽天ポイントや楽天キャッシュが付与されます。

ブログもしくは楽天ROOMを開設してから収益を得るのには個人差がありますが、収益が全くでない方や月数十万ポイントの利益を出している方もいます。

収益を出せない可能性はありますが、無料で挑戦できるので一度試してみるのもいいかもしれません。

楽天ウェブ検索

難易度 簡単
貯まるスピード 1日10ポイント以下
リスク ほぼなし

普段Google ChromeやSafariを使って検索していると思いますが、楽天ウェブ検索を使うことで毎日数ポイント付与されます。

楽天ウェブ検索は無料でインストールできるので、毎日地道に使うと少しづつ楽天ポイントがたまっていきます。

Rebates(リーベイツ)

難易度 普通
貯まるスピード 普段ネットショッピングするする人は貯まりやすい
リスク ほぼなし

AppleやJALのオンラインストアを楽天のRebates(リーベイツ)経由で購入すると楽天ポイントが付与されます。

頻繁には使用しないと思いますが、もしオンラインで買い物をする場合はRebates(リーベイツ)を確認すると楽天ポイントを獲得できるチャンスが得られるかもしれません。

楽天インサイト

難易度 簡単
貯まるスピード 数ポイント~数百ポイント
リスク ほぼなし

楽天インサイトは現在募集されているアンケートに対して適切に回答すると、楽天ポイントが付与されるサービスです。

基本的には数ポイントから数十ポイントのアンケートがメインとなっております。

社会人や大学生、20歳以上向け

高校を卒業すると楽天で利用できるサービスが増え、さらに楽天ポイントを貯めることができるようになります。

楽天カード

難易度 普通
貯まるスピード デビットカードより早く貯まる
リスク 使いすぎると使用情報に傷が…

日本国内でも特に有名なクレジットカードの一つで、年会費無料のクレジットカードです。

100円の支払いにつき1ポイント付与されるので、生活費の支払いに楽天カードを使うと毎月数百ポイント付与されます。

また、楽天証券を開設している場合は楽天カードで投資信託を購入でき、購入した金額に対して楽天ポイントが付与されます。

つみたて NISAの投資信託にも対応しています。

楽天トラベル

難易度 簡単
貯まるスピード そこまで旅行はしないと思うので、遅い
リスク 特になし

楽天トラベルで国内旅行や海外旅行、レンタカーの予約ができます。

楽天証券

難易度 かなり難しい
貯まるスピード 取引額が大きかったり、取引回数が多いと貯まりやすい
リスク 最初から多額の資金でやるとかなり危険

先ほども紹介しましたが、楽天カードで投資信託を購入すると楽天ポイントがたまります。

また取引にかかる手数料に対しても楽天ポイントが付与されます。

その貯まったポイントで投資することもできるので、現在ネット証券でも特に人気の証券口座です。

楽天ウォレット

難易度 かなり難しい
貯まるスピード 貯まらないが、投げ銭でもらったビットコインやイーサリアムを、楽天キャッシュに交換可能
リスク 変動が激しいので、元本割れする可能性あり

楽天ポイントや現金でビットコインやイーサリアムを購入することができ、またビットコインやイーサリアムを楽天キャッシュに交換することも可能です。

例えばTwitterやNFTなどで仮想通貨がたまった場合、楽天ウォレットに移動させ、楽天キャッシュに交換することでスーパーやコンビニで使うことができます。

楽天キャッシュを使用するには楽天ペイアプリを使う必要があり、楽天ペイで楽天キャッシュを使用するとその額に対して再度楽天ポイントが付与されます。

高校生からでも楽天ポイントはかなり貯まる

僕は高校生の時から楽天のサービスを使い続け、現在は120,000ポイント近く貯まりちょっとしたボーナスくらいの金額です。

貯まった楽天ポイントで投資できたり、クレジットカードの支払いに充てることができるので、期間限定ポイントは無理に使う必要はなさそうです。