暗号資産・ブロックチェーン

MetaMaskの作成方法と、イーサリアムの入金方法【パソコン・スマホ】

最近はビットコインではなく、ブロックチェーンサービスが世間で話題になっており、少し気になっている方もいるかと思います。
ブロックチェーンサービスは、今までのようにアカウントを作成する感じではなく、作成したウォレットに紐づけてアカウントを作成するような感じです。

この記事で分かる事

  • MetaMaskの設定方法
  • スマホでも同じウォレットにログインする方法
  • NFTやゲーム、メタバースなどもMetaMaskが必要に

今回は様々な場面で利用できるMetaMaskの設定方法を紹介します。

暗号資産・ブロックチェーンに触れると...

予測が難しい未来の資産、経験、知識に分散投資できます。

MetaMaskの作成と設定(パソコン)

NFTを始める際は、イーサ対応ウォレットを使用することが多いです。
Polygonを利用すると低コストで始められますが海外の仮想通貨取引所でしか購入できず、若い芽を摘むのが好きで、既得権益だけはいっちょ前に持っている日本のおっさんたちに海外の仮想通貨取引所に制限をかける可能性もあるので…

MetaMaskの作成と設定

スマートフォンでもMetaMaskはダウンロードできますが、Google Chromeの拡張機能としてダウンロードしたほうが便利です。
Google Chromeでここにアクセスしてください

ダウンロードできたらウォレットを作成しましょう。

ウォレット作成

基本的には英語で表示されますがChromeのアドレスバーの右側に翻訳ボタンがあるので、それを使うと英語が分からなくても大丈夫です。

MetaMaskの作成と設定

次の画面で同意しましょう。

MetaMaskの作成と設定

次にパスワード入力が求められるので、バスワードを設定しましょう。

MetaMaskの作成と設定

その次に英単語が10個くらい並んだページが表示されます。
表示させるには画面中央にある南京錠のマークをクリックすると表示され、しっかり覚えておきましょう。
次の画面に移動すると英単語の入力が求められます。
MetaMaskの作成と設定

英単語の入力が終わるとMetaMaskの設定完了です。

イーサを入金

Chromeの画面右上にキツネのようなアイコンがあるので、そこからMetaMaskを立ち上げます。
ない場合は、その右のパズルのピースのようなものをクリック。

MetaMaskの作成と設定

ウォレットが表示されるので、イーサのアドレスとコピーして、国内の仮想通貨取引所からイーサを送金しましょう。

MetaMaskの作成と設定

 

無料で開設できる仮想通貨取引所

  • コインチェック:電力・ガス会社を乗り換えると毎月ビットコインが付与されます
  • Bitgate:ドットマネーをビットコインに交換できます
  • bitFlyer:Tポイントをビットコインに交換できます

パソコンで作ったウォレットにスマホでアクセスする方法

作成したウォレットをスマートフォンでもアクセスできるようにしましょう。

アプリダウンロード

初めにアプリをダウンロードしてください。
iOS
Android

パソコンで作ったウォレットにスマホでアクセスする方法

ウォレットのインポート

ようこそ画面が表示されるので、「開始」をタップしてください。

パソコンで作ったウォレットにスマホでアクセスする方法

「シークレットリカバリーフレーズ」をタップしてください。
新規でウォレットを作成する場合は「新しいウォレットの作成」をタップ。

パソコンで作ったウォレットにスマホでアクセスする方法

パソコンで作成した時に表示されたリカバリーフレーズと、パスワードを入力するとログインできます。
新しいパスワードと表示されるはずですが、既存のパスワードを入力しても問題ありませんでした

パソコンで作ったウォレットにスマホでアクセスする方法

これでウォレットにアクセスできました。

アカウントのインポート

ウォレット内でアカウントを複数作成していた場合は、アカウントごとに追加してあげなければいけません。
まず初めにスマートフォンでMetaMaskを開き、アカウントのアイコン(中央の丸いやつ)をタップしてください。パソコンで作ったウォレットにスマホでアクセスする方法

画面下に「アカウントのインポート」があるので、タップしてください。
秘密鍵の入力を求められるので、一度パソコンでMetaMaskを立ち上げて秘密鍵を確認しましょう。
パソコンで作ったウォレットにスマホでアクセスする方法

パソコン版のMetaMaskを立ち上げる

パソコンで作ったウォレットにスマホでアクセスする方法

アカウントの詳細をクリック

パソコンで作ったウォレットにスマホでアクセスする方法

「秘密鍵のエクスポート」をクリック

パソコンで作ったウォレットにスマホでアクセスする方法

MetaMaskのパスワードを入力すると秘密鍵が表示されます。

パソコンで作ったウォレットにスマホでアクセスする方法  赤文字で表示された秘密鍵を、スマホで入力するとスマホでもアカウントにアクセスできます。

MetaMaskが使用できるサービス

MetaMaskはイーサが必要なサービスで利用できるので、一つアカウントあればさまざまなサービスを利用できます。
セキュリティー面を考えるとアカウントを同じウォレット内で複数分けるのを推奨します。

NFT

NFTではアカウント作成までは入金する必要はありませんが、出品や購入時には入金が必要です。

NFTとは?

【OpenSea・Rarible】NFTの始め方・アカウント作成から写真出品

ENS

ENSドメイン取得時にはガス代がかかるので、入金しておきましょう。

ENSドメインの登録方法・ethのドメイン取得

メタバース

アカウント作成だけの場合は必要はりませんが、お買い物をする場合は入金しておきましょう。

【Decentraland】パソコンでメタバースを体験してみた