SNS & YouTube

【iPhone iPad】計測アプリでLiDARスキャナーの精度を比べてみた

LiDARスキャナー

iPhoneやiPadには、NASAが火星の探査機に使用しているレベルのセンサーを搭載しています。

そのセンサーはLiDARスキャナーと呼ばれ、奥行きなどを正確に測ることができます。

では早速LiDARスキャナーを使ってみましょう!

今回使用する端末
・iPhone 8 Plus(LiDAR なし)
・iPad Pro 11インチ第二世代(LiDAR あり)

LiDARスキャナーとは?

Light Detection and Rangingの略で、センサーからレーザーを発して、跳ね返ってくるまでの時間をもとに奥行きを計算しています。

ミリ波とは違い波長の短い赤外線を使用していて、小さなものでも検知することができます。

30cmを計測

まず初めに30cmを測ってみました。

LiDARスキャナーなし(iPhone 8 Plus)

LiDARスキャナーの精度を比較

LiDARスキャナーがなくても意外に精度が良い

LiDARスキャナーあり(iPad Pro)

LiDARスキャナーの精度を比較

もちろんLiDARスキャナーありもピッタリ

1mを計測

次は立ったまま測ってみます。

LiDARスキャナーなし(iPhone 8 Plus)

LiDARスキャナーの精度を比較

しゃがまない距離で計測してもほぼピッタリ

LiDARスキャナーあり(iPad Pro)

LiDARスキャナーの精度を比較

こちらもしゃがまないで計測

LiDARスキャナーなしを先に計測したので、LiDARスキャナーありを計測する時少しドキドキ

3.5mを計測

次はメジャーの最大距離を測ってみました。

LiDARスキャナーなし(iPhone 8 Plus)

LiDARスキャナーの精度を比較

3.5m先を計測

場所移動しないでやったので、結構距離が

LiDARスキャナーあり(iPad Pro)

LiDARスキャナーの精度を比較

こっちも場所を移動しないでやったので少し誤差が

3.6mだったのでこちらも誤差程度

壁に向けると?

壁に向けるとLiDARスキャナーの本領を発揮しました。

LiDARスキャナーなし(iPhone 8 Plus)

LiDARスキャナーの精度を比較

壁に向けるとそのまま奥に行くか、計測部分が消えてしまいます。

LiDARスキャナーあり(iPad Pro)

LiDARスキャナーの精度を比較

LiDARスキャナーがあると、壁を認識して計測部分が壁に平行になっています。

しかも、カーテンの向きに沿っています。

LiDARスキャナーが発揮する分野

では次にLiDARスキャナーで発揮する分野を考えてみました。

カメラ

iPhoneにはポートレート機能があります。
広角レンズと望遠レンズを二つ使用し、人をボカしたりしていました。

ボケを強くすると不自然な写真になってしまいます。

ですがLiDARスキャナーがあることで正確な奥行きがわかるので、自然なポートレート写真を撮影することができます。

AR

LiDARスキャナーは壁などの障害物や、奥行きが正確にわかるのでARサービスがさらに快適になるでしょう。

例えば、最近スマホで部屋を写して家具を置くサービスがあります。
LiDARスキャナーがあることで、正確な大きさや配置場所を調節することができます。

定期更新します

LiDARスキャナーで遊ぶことがあったら更新していきます!


SNSやYouTubeはこちらから