YouTubeにVR動画を公開中!スマホやVRゴーグルで体験できます!

【Ledger Nano】ビットコインをハードウェアウォレットに管理してみた

【ハードウェアウォレット】Ledger Nanoの使い方

FTXの事件を受け、暗号資産の管理方法を見直している方もいると思います。

過去にも多数の取引所でハッキング事件や、横領などがあったので100%安心できませんよね。

そこで今回はハードウェアウォレットの中でも特に有名なLedger Nano S Plus について紹介していきます。

この記事で分かる事
  • Ledger Nano S Plusにビットコインを入金する方法
  • 初期設定や操作方法
  • 注意点

この記事の担当者

Yusuke Goto360° Videographer
2017年に暗号資産を始め、様々なコインを買って5万円が70万円になるが、最終的にはほぼ0円。その後いろいろ勉強し、ビットコインを積立して利益が5倍以上に。
「プログラミング」「AI」「ブロックチェーン」が気になっている今日この頃。
現在写真家を目指し、YouTubeに360°動画を投稿してます。

ビットコインをLedger Nanoに入れるために必要なもの

まずはじめにウォレットにビットコインを入れるために必要なものを確認してきましょう。

  • Ledger Nano S Plus
  • パソコン
  • リカバリーフレーズを記入する紙と、ペン
  • LEDGER LIVEアプリ

上記の四点です。

これから販売予定のLEDGER STAXはスマホでもできるようですが、S Plusはパソコンのみとなっております。

商品名価格対応端末
Ledger Stax¥39,997スマホ
パソコン
Ledger Nano X¥23,999スマホ
パソコン
Ledger Nano S Plus¥12,499アンドロイド
パソコン

ハードウェアウォレット本体

ハードウェアウォレット本体にはType-Cの接続部分と、ボタンが二つあります。

ハードウェアウォレット本体

右側のボタンは「進む」左側は「戻る」両方同時に押すのは「決定」なので、この操作方法を覚えておきましょう。

リカバリフレーズを記入する紙と、ペン

パスワードを忘れたり、紛失した時のために必要な「シークレットリカバリーフレーズ」を記入する紙も同付されています。

リカバリフレーズを記入する紙

この紙にメモして、誰にもバレない場所で管理しましょう。

パソコン

ハードウェアウォレット単体で管理はできないので、パソコンが必要です。

LEDGER LIVEアプリ(専用ソフト)

LEDGERの公式サイトから、ウォレットを管理するためのソフトをインストールします。

https://www.ledger.com/ja/ledger-live

LEDGER LIVEアプリ

今回はMacでインストーしました。

ダウンロードしたdmgファイルをクリックして起動させましょう。

LEDGER LIVEアプリ

「Ledger Live」を「Application」にドラッグ&ドロップしましょう。

LEDGER LIVEアプリ

メッセージが表示されるので気にせず「開く」を選択してください。

LEDGER LIVEアプリ

下記画面が表示されれば完了です。

左下の「はじめに」をクリックしてください。

LEDGER LIVEアプリ

5ページ分のメッセージが表示されるので、しっかり読んでから次に進めましょう。

LEDGER LIVEアプリ

いよいよ本格的な設定に移ります。

Ledger Nanoのセットアップ

では早速Ledger Nano S Plus をパソコンに接続して設定を進めていきましょう。

ハードウェアウォレットのセットアップ

パソコンの画面が下記のような表示になっているので、自分が持っている端末を選択してください。

ハードウェアウォレットのセットアップ

今回は中央ですね。

パソコンとハードウェアウォレットをUSBで接続

これからハードウォレットの側も触ります。

パソコンとハードウェアウォレットをUSBで接続
  • 余裕を持って作業できるよう、30分ほど時間を確保しましょう。
  • ペンを用意してください。
  • 作業は一人で、安全かつ静かな場所で行ってください。

上記のメッセージが表示されるので、確認して進めましょう。

PINコードの設定

次にPINコードの設定ですが、ハードウェアウォレットのパスワードのようなものです。

スマホのロック画面解除と同じようなものと認識すれば問題ありません。

PINコードの設定

PINコードは単純な数列や、誕生日など分かりやすいものは控えましょう。

PINコードの設定

ハードウェアウォレットの電源をつける時毎回入力を求められるので、暗記もしておきましょう。

リカバリーフレーズの設定

これから一番大切な作業に入ります。

冒頭でも紹介しましたが「リカバリーフレーズ」は紛失した際に新しいウォレットでログインしたり、PINコードを忘れたときに必要になります。

そのため、第三者にばれると不正ログインされてしまうので、必ずバレない場所に保管しておきましょう。

  • 写真
  • メモ帳
  • クラウドサービス

上記で「リカバリーフレーズ」を管理しようと思いましたか?やめましょう。

絶対にデジタルデータとして残さないようにしましょう。

リカバリーフレーズの設定
  • Ledger Nano S Plusの画面に単語が表示されるので、リカバリフレーズを記入する紙に記入し、右のボタンを押す
  • 24単語分繰り返す
  • 全て完了したらメモできたかの確認画面に移動するので、左右のボタンで順番に単語を選び、該当する単語の場合は左右両方のボタンを押します
  • 24単語分繰り返す
  • 完了です

ウォレットとLEDGER LIVEアプリを認証させる

「リカバリーフレーズ」の確認が完了したら後はウォレットとLEDGER LIVEアプリを認証させるだけです。

許可するにはLedger Nano S Plusのボタンを両方押します。

ウォレットとLEDGER LIVEアプリを認証させる

最後に正規品であるかのチェックがあるので、チェックしましょう。

ウォレットとLEDGER LIVEアプリを認証させる

チェックが完了したら後はほぼパソコン作業です。

ビットコインをハードウェアウォレットに入金するまで

ウォレットの管理画面が表示されるので、Ledger Nano S Plusの中身をいじっていみましょう。

アプリをダウンロード

最初に「My Ledger」をクリックしてください。

容量とソフトが表示されるので、自分が管理したい通貨をインストールしましょう。

ビットコインをハードウェアウォレットに入金

容量はわずか1.28Mしかないので、全ての通貨を管理できません。

ビットコインをハードウェアウォレットに入金

僕はビットコインしか管理しませんが、イーサリアムも念の為追加しておきました。

アカウントの追加

左側のメニューから「アカウント」をクリックして、ビットコインのアカウントを作成しましょう。

メニューをクリックすると「+ アカウントを作成」とあるのでクリックし、通貨を選んでからLedger Nano S Plusに接続します。

Ledger Nano S Plusのボタンを両方押すと許可されるので、インストールが開始します。

ビットコインをハードウェアウォレットに入金

最後にわかりやすいよう名前をつけておきます。

ビットコインをウォレットに入金

左側のメニューに「受け取る」があるのでクリックします。

受け取る通貨を選んで次に進むと、パソコン上とLedger Nano S Plusにアドレスが表示されるので、両方同じであれば「Ledger Nano S Plusのボタンを両方押して」認証を完了しましょう。

ビットコインをウォレットに入金

パソコンの画面とLedger Nano S Plusに表示されたアドレスに対して、暗号資産取引所から送金します。

ビットコインをウォレットに入金

Ledger Nano S Plusにビットコインが入金された感はあまりありませんでしたが、これで問題ありません。

Ledger Nanoの画面に表示される英語

Ledger Nano端末は英語で表示されるので、たまによくわからないかもしれません。

Welcom to Ledger Nano S Plus Press right button to continue
Ledger Nano S Plusへようこそ 右のボタンを押して続けます。
Download Ledger Live at ledger.com/start Then press right
Ledger Liveをledger.com/startでダウンロードし、右ボタンを押す。
Use buttons to navigate menus and lists
ボタンでメニューやリストを操作する
Press both buttons to select
両ボタンを押して選択
Hold both buttons anytime to access settings, and more.
いつでも両方のボタンを押したまま、設定などにアクセスできます。
Start Ledger Live for help during setup
設定中にLedger Liveを起動し、ヘルプを表示
+ Set up as new device
+ 新しいデバイスとしてセットアップする
Restore from Recovery phrase
リカバリーフレーズからの復元
Reminder Press both buttons to select, confirm or cancel
リマインダー 両方のボタンを押して、選択、確認、またはキャンセルします。
× Wrong word, retry
× 単語違い、再試行
Your Recovery phrase is set. Keep it in a secure place.
リカバリーフレーズが設定されています。安全な場所に保管してください。
If lost, stolen or forgotten, all your assets will be irremediably lost.
紛失したり、盗まれたり、忘れたりすると、すべての資産は取り返しのつかないことになります。
Never share it with anyone.Ledger will never ask you for it.
誰にも教えないでください。Ledgerがあなたに尋ねることはありません。
Press both buttons to continue
両ボタンを押して続行