SNS・YouTube

【MacBook Pro】外付けHDD・SSD(LaCie / G-Technology G-Drive)

mac 外付けhdd

私は普段MacBook ProのFinal Cut Pro Xで動画編集を行っており、動画編集時には外付けHDDを使用しています。

左:LaCie HDD USB-C 1TB
右:G-Technology 2TB G-Drive Mobile USB-C

4K動画や写真の保存に使用したり、Final Cut Pro Xの保存先としてたくさん使用しています。

現在G-Technology 2TB G-Drive Mobile USB-Cは壊れてしまいましたが使用して感じたことを紹介します。

MacBook Proに対応(Final Cut Pro Xも)

私はMacBook Proに対応し、Final Cut Pro Xの保存先として使用できる外付けHDDを使用しています。

実際に使用して感じたことを紹介します。

LaCie HDD USB-C

外付けHDD・SSDでFinal Cut Pro Xを使用

私は現在LaCie HDD USB-C 1TBを使用しています。

周りのオレンジが衝撃を抑えてくれる為、LaCie の方が良いです。
外付けHDDは衝撃にとても弱いため、衝撃を与えないように扱わなければいけません。

LaCie HDD USB-CはUSB-Cを使用しているので、データの書き込みや読み込みはある程度早いです。

LaCie HDD USB-Cのメリット

  • 衝撃を抑えられるようになっている
  • USB-CとUSB-Aのケーブルがどちらも付属品として準備されている
  • オレンジのシリコンによりテーブルとの間にスペースが空き、熱が逃げやすい

LaCie HDD USB-Cのデメリット

  • 少し値段が高い
  • 少し大きい

 

G-Technology

外付けHDD・SSDでFinal Cut Pro Xを使用

G-Technology G-Driveは比較的値段が安く、購入しやすい金額です。
普段外に持ち出さず、落としてしまう可能性が低い場合はG-Technology G-Driveでもいいと思います。

G-Technology G-DriveもUSB-Cを使用しており、書き込み速度や読み込みはある程度早いです。

G-Technologyのメリット

  • 値段が比較的安い
  • USB-CとUSB-Aのケーブルがどちらも付属品として準備されている
  • コンパクト

G-Technologyのデメリット

  • 衝撃があると壊れやすい

 

予算に余裕があれば外付けSSDを

もし予算に余裕があれば、SSDを使用するようにしましょう。

外付けSSDのメリット

  • 書き込み、読み込み速度が速い
  • 静か
  • 衝撃に強い
  • 消費電力が少ない

です。

外付けSSDはHDDのデメリットを補うことができます。

書き込み速度と読み込み速度が速いためFinal Cut Pro Xで動画編集する際、外付けHDDよりかはサクサク動きます。

外付けSSDデメリット

  • HDDより価格が高い
  • 少しでも壊れると、データ復旧が難しい

下記商品はApple Store(オンライン)でも販売されているものです。

 

500GBと容量がやや少なめなので、価格も抑えられています。

Final Cut Pro Xの保存先を外付けHDD・SSDに変更する方法

Final Cut Pro Xの保存先を変更するには、保存先の変更設定を行う必要があります。

下記記事で説明しているので、そちらを参考にしてください。

Final Cut Pro X 動画編集

【Final Cut Pro X】4K60fpsや4KVR動画編集の推奨スペック(MacBookPro)

LaCie HDD USB-C派

私はすぐに落としてしまったりと、ひやっとする場面がとても多いので衝撃を和らげてくれるLaCie HDD USB-Cを使用することになりました。

G-Technology G-Driveは1年間とても負荷のかかる作業を耐えてくれたので、とても良い外付けHDDでした。

すぐ壊してしまう方はLaCie HDD USB-Cで、物の持ちが良い方はG-Technology G-Driveで問題ないと思います。

Final Cut Pro Xでサクサクと動画編集したいなら、外付けSSDをお勧めします。