YouTubeに360°カメラで撮影したVR動画を公開中!!

【DOMEの購入方法】エバードームとは?

エバードームと呼ばれるブロックチェーン上に構築されるメタバースをご存じでしょうか?

現在は開発中でまだ遊べませんが、リリースされたらとても解像度が綺麗なメタバースで注目を集めると勝手な予測をしています。

そんなエバードームですが、ブロックチェーン上で稼働予定の為、当然ながら専用の通貨も登場します。

この記事で分かる事

  • エバードームの特徴
  • DOMEの特徴
  • エバードームではまだ遊べません

今回はエバードームの特徴や、通貨がいったいどのようなものかを紹介していきます。

Everdome(エバードーム)の特徴

通貨名 Everdome
ティッカーシンボル DOME
発行枚数 約1,000億枚
ブロックチェーン BEP20(バイナンススマートチェーン)
購入できる取引所 Bybit

現在DOMEを購入するには海外の暗号資産取引所で購入する必要があります。

国内の暗号資産取引所から「Bybit」に送金して購入できます。もしくは最近対応した日本円入金を利用しましょう。

僕が愛用している取引所
日本円入金を行った方全員に1,500円相当のビットコインをプレゼント(9月30日 23:59まで)
マイナス手数料でユーザーに還元されます

上のリンクから登録で手数料が5.0%割引されます

公式ホームページからステーキング申請をするには、DOMEを用意しておきましょう。
エバードームは独自通貨DOMEを発行しており、DOMEを保有しているとエバードーム内で様々なビジネスが存在します。

  • 土地購入
  • 物件の貸し借り/購入
  • 広告掲載
  • NFTマーケットプレイス

公式サイトのTOPページの下部にはこのような表記も。

  • Gaming
  • Virtual Reality
  • Augmented Reality
  • Fashion
  • Social Media
  • Medicine

将来的にはメタバース空間上で服を試着して購入したり、健康診断ができるメタバース空間を目指しています。

メタバース空間の中でも特にビジネス要素が強いエバードームですが、サービスのリリースが楽しみですね。

火星を舞台としている

エバードームは火星をモチーフに構築されたメタバース空間です。

プロモーション映像もスペースコロニーにいるような映像です。

高画質なメタバース空間

エバードームはUnreal Engineと呼ばれる3Dゲームを開発するツールで構築している為、解像度がとても高いメタバース空間です。

公式サイトのTOPページに表示される動画はおそらくメタバース空間の映像ですが、Webサイト上で見ても高画質である事が分かります。

その為エバードームではリリース時に大きな注目を集める事が予測できます。

公式ホームページでも高画質である事をアピールし「VRヘッドセットを外すと、何が本物で何がそうでないかを判断できなくなります」だそうです。
Webサイト以上の画質が期待できますね。

ブロックチェーン上で稼働するメタバース空間

エバードームはバイナンススマートチェーン上に構築されており、エバードームのような高性能なアプリケーションの構築に向いているブロックチェーンです。

またイーサリアムよりガス代が安い事でも人気を得ています。

Everdomeの遊び方(現在開発中)

公式ホームページでは現在ステーキングの受付のみ利用できます。

MetaMaskウォレットを紐づけておきましょう。

MetaMask
٩( ᐛ )وシェアしてくれたら(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ブログもっと頑張れます(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
Yusuke Goto
2017年に暗号資産を始め、様々なコインを買って利益を出すも最終的にはほぼ0円。その時「ビットコインを積立ておけばよかった」と感じ、2019年から長期保有して、利益が5倍以上に。 現在写真家を目指し、YouTubeに360°動画を更新してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA