English Blog
投稿日
更新日

【リアルタイム】イーサリアムのガス代を確認する方法

NFTの購入やDeFiサービスの利用時にガス代が発生しているのをご存じでしょうか?

ガス代はイーサリアムブロックチェーンを動かす際にかかっており、利用する時間や設定によって価格が変動します。

この記事で分かる事

  • ガス代の特徴
  • ガス代の確認方法
  • ガス代を節約する方法

本記事ではガス代の特徴や確認方法を紹介していきます。

イーサリアムのガス代とは?

イーサリアムブロックチェーン上で発生した取引手数料のようなもので、ブロックチェーンを動かすためのエネルギーのようなものです。

ATMでお金を引き出す際に手数料を集めシステムの維持に利用されるように、ブロックチェーン上でも承認作業に協力している方に報酬を渡さなければ維持はできません。

ビットコインも送金に手数料が必要です。

毎回イーサリアムブロックチェーンを動かすと負荷がかかる為、ガス代を設けて負荷をかけさせないようにしています。

ガス代の使い道

ガス代はイーサリアムブロックチェーンの承認を支えているマイナーに対して支払われてます。

ブロックチェーンを動かせば動かすほどガス代が必要なので、悪意のある攻撃をすると莫大なガス代が必要に。
悪意のある攻撃をするには大量の処理が必要になる為、逆に効率が悪い方法となります。

ガス代の存在によりブロックチェーンは高セキュリティを保っていますが、毎回ガス代を払うのに対してユーザー側は不満を持っています。

ガス代の計算方法

ガス代=ガスプライス × ガスリミット

イーサリアムのガス代は上記の式によって求められます。

ガスリミット(Gas Limit)とは?

単位は「Gas」です。ガス代の最大値を指し、それ以上ガス代が掛かることはありません。

ガスリミットを引き上げることでより多くのデータを書き込んだり、承認速度を速められます。
本記事の見出し「安いガス代を選択する」でも紹介しますが、ガス代を少ない金額で実行する事も可能です。

ガスプライス(Gas Price)とは?

単位は「Gwei」で、1Gwei = 0.000000001 ETH。

ガス代はあくまでも最大値として設定している為、実際に使用したガス代のみ手数料として利用されます。

イーサリアムのガス代をリアルタイムで確認する方法

NFTの購入などイーサリアムブロックチェーンを動かす際にガス代が必要ですが、今どのくらいガス代が必要なのかを確認してみましょう。

Etherscan

Etherscanはイーサリアムブロックチェーン上で行われた様々な取引を閲覧できるサービスで、ガス代の確認も可能です。

Etherscanでは15秒に一回がスプライスを確認できます。

Etherscanでガス代を確認する

「安いガス代」「平均的なガス代」「高いガス代」の目安を確認できるので、取引タイミングの参考にできます。

【Etherscan】イーサスキャンの使い方

ETH Gas Station

ETH Gas Stationもガス代を確認できます。

ETH Gas Stationでガス代を確認する

下に移動すると、取引に必要な時間の目安やガスの使用量が確認できます。
右の図では100に近づけば取引量が増えている証拠なので、数値が少ない時に取引すると成功しやすかったりガス代を抑えられます。

ETH Gas Stationでガス代を確認する

ガスの価格帯別の取引件数や、ガス価格による確認時間も確認できます。

ETH Gas Stationでガス代を確認する

ethereumprice

ethereumpriceでは指定した国の時間帯別で、イーサリアムブロックチェーンの混雑時間帯を可視化できるWebサービスです。
TOP画面の右上に国を選択する項目があるので、クリックしてください。

ethereumpriceでガス代を確認する

左下の方に「JPY」があります。

ethereumpriceでガス代を確認する

日本の時間帯でガスプライスの価格が表示されてます。

ethereumpriceでガス代を確認する

下記画像は曜日ごとの時間帯混雑度を表示しています。
日本時間だと平日の午前中が混雑していることが分かります。

ethereumpriceでガス代を確認する

恐らく日本の午前中はアメリカの夜の時間帯なので、海外での動きが活発なのではないかと推測しています。
特に日曜日と月曜日の夜は比較的処理件数が少ないのも分かります。

ガス代を節約する方法

これまで僕は数回の取引ですが、ガス代に数万円支払ってきました。
その当時僕はガス代を安く抑える方法なんて考えてもいませんでした。

これからイーサリアムブロックチェーン上で取引を行う際は、ガス代をなるべく安価になるように対策をしましょう。

安い時間帯にブロックチェーンを動かす

ethereumpriceでも紹介しましたが、取引数が少ない時間帯に処理を行いましょう。
日本時間だと大体夜の時間帯だとガス代を抑えられます。

良くも悪くも日本ではイーサリアムブロックチェーン上に構築されているサービス「NFT」や「DeFi」などが成熟してないので、仕事終わりの夜でもガス代を安く抑えられます。日本国内で市場が大きくなるにはしばらく時間が掛かると思いますが、今後日本国内でも普及した際は夜の時間帯でもガス代が上昇するでしょう。

一方イーサリアムブロックチェーンではガス代の改善にも動きがみられるため、今後ガス代が安くなるのではないかと言われてます。

安いガス代を選択する(MetaMask)

EtherscanやETH Gas Stationを確認した際「低い」「平均的」「高い」ガス代を設定できます。

MetaMaskでガス代の支払い画面が表示されると下記のような画面が表示されます。
ガス代が表示されるので、その上の青文字のリンクボタンをクリックしてください。

MetaMaskのガス代設定

「低い」「平均的」「高い」ガス代が表示されるので、手数料と時間をしっかり確認して選択してください。

MetaMaskのガス代設定

「高い金額」の下をクリックすると、細かい設定ができます。
細かい設定では手数料を細かく設定できます。

MetaMaskのガス代設定

承認されなかった場合もガス代はかかる

ガス代を安く設定しすぎて承認に失敗する事があります。

その場合もガス代は発生するので、安くしすぎると手数料だけ支払ってしまう事もあります。