SNS・YouTube

暗号資産(仮想通貨)初心者のための用語集

暗号資産(仮想通貨)をこれから始めようと考えている方で、専門用語がとても難しくてどれを覚えなくてはいけないのか分からない方がいるかと思います。

今回は暗号資産をやる上で最低限覚えたほうが良い用語を激選して紹介します。

【無料で増やす】ビットコインをタダでもらえるサービスを紹介

有名な暗号資産(仮想通貨)

まずは暗号資産の中でも特に有名かつ、取引量が多い暗号資産を紹介します。

BTC ビットコイン

発行枚数 2,100万枚
製作者 サトシ・ナカモト
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
管理者 なし
海外送金 国内に送金するのと同じ感じ
その他 アメリカの企業がポートフォリオとして購入

暗号資産の中で一番最初に開発されたもので、暗号資産の中では時価総額が1位となっております。

発行枚数が2,100万枚ときめられこれ以上ビットコインが増えないことから、デジタルゴールドと呼ばれることも。

企業が会社のポートフォリオとしてビットコインを購入しており、ビットコインの存在感はこれからさらに増すと予測されています。

ETH イーサ(イーサリアム)

発行枚数 発行総数の上限なし
※最近出回っているイーサは減少し、枚数は減ってきている
製作者 ヴィタリック・ブテリン
コンセンサスアルゴリズム Proof of Workから
Proof of Stakeに移行予定
管理者 なし
海外送金 国内に送金するのと同じ感じ
その他

暗号資産の中でも特に機能が豊富なイーサはブロックチェーン上にプログラムをする事ができ、指定した条件に満たした時のみイーサを送金する事ができます。

プログラムによって送金されるため、第三者が操作することはありません。

暗号資産の中での時価総額は2位で、ブロックチェーンサービスを利用する際に欠かせない暗号通貨です。

暗号資産(仮想通貨)に関する重要な用語

暗号通貨を紹介してもキリがないので、暗号資産に関する重要な用語を紹介します。

ブロックチェーン

暗号資産やデータの取引をブロックの中に記録し、一定の量を超えると新しいブロックを生成し、時系列でブロックがつながっています。

ビットコインなどのブロックチェーンは匿名性ではありますが、世界中の人が取引情報を閲覧できるため不正な取引などができません。

ブロックチェーンはお金の取引だけでなく、契約などのデータに対しても対応しているため、ブロックチェーン単体で注目されることも。

ブロックチェーンは通貨によって機能が異なるので、分野に特化したブロックチェーンを作ることもできます。

DeFi

Decentralized Financeの略(分散型金融)で、金融サービスをブロックチェーン上で構築できるものを指します。

イーサリアムのブロックチェーンが基礎で、中央集権を必要とせず資産の取引や移動が可能。

DeFiはプログラムによって運用されているので、保険やローンの判断などより平等に評価できます。

利用者が増えることにより処理速度が低下したり、政府などの規制により利用できなくなってしまうデメリットもあります。

NFT

Non-Fungible Tokenの略(非代替性トークン)で、コピーできないデジタルデータのことを指します。

コピーできないため、一つのデジタルデータに対して価値が担保されます。

NFTのデータに紐づけられたデータには所有者や権利者を設定する事ができるので、独自の価値を生み出すことも。

NFTは譲渡できますが、全てのデータが紐づいているので、デジタルデータを編集してもすぐに不正が確認できます。

NFTもイーサリアム上で発行されておりますが、イーサリアム以外のブロックチェーンも多数存在します。