暗号資産・ブロックチェーン

日本の仮想通貨取引所で扱っている暗号資産の特徴

日本国内にいくつもの仮想通貨と取引所がありますが、選ぶハードルが高くなっています。
個人的にはビットコインとイーサだけが対応していれば問題ないと感じてしまいますが、様々なブロックチェーンを触りたい時にはそれに対応した仮想通貨を購入する必要があります。

今回は国内でも主要で、取り扱い種類が豊富な仮想通貨取引所と、仮想通貨の特徴を紹介します。

暗号資産・ブロックチェーンに触れると...

予測が難しい未来の資産、経験、知識に分散投資できます。

日本国内の仮想通貨取引所

日本国内でも仮想通貨取引所がたくさん増えており、どれを選べばいいのかわからないと思います。
今回はその中でも特にお勧めする仮想通貨取引所を紹介します。
※今回紹介する取引所はすべてスマホアプリ対応。

Coincheck

Coincheck電気・ガス、Coincheckアンケートなどのサービスも展開しています
ビットコイン 発行上限2,100万枚と決められているビットコインはマイニング作業によって取引が支えられています。
国家に依存しない通貨で仮想通貨の中でも一番有名かつ価値のあるコインです。
イーサリアム イーサリアムと呼ばれるブロックチェーン上で取引されている通貨がイーサです。
イーサリアムは分散型アプリケーションを発行する事ができ、中央集権が存在しないシステムを構築できます。
NFTやDeFiなどはイーサリアムのブロックチェーン技術を活用したアプリケーションです。
発行上限はありませんが、供給量をバーンしているので徐々に減っています。
リップル Ripple社が運営する仮想通貨で、Ripple社がリップルの供給量などをコントロールできます。
日本人に特に人気の仮想通貨で、時価総額も上位を推移しています。
国際送金の問題である手数料の高さや時間がかかってしまう問題を解決するために開発されました。
アイオーエスティー ブロックチェーン技術をSNSやECサイトなどで活用されることを目指している仮想通貨で、サーバーに負荷がかかりずらい方法で構築しています。
使用されているプログラミング言語はJavaScriptなので、多くの方が参入できるメリットがあります。
イーサリアムクラシック イーサリアムから分岐(ハードフォーク)した仮想通貨で、イーサリアム同様分散型アプリケーション(DApps)を開発する事ができます。
元々はイーサリアム常に作られたThe DAOというサービスサービスがハッキングされ、ETHが流出してしまいました。その時に不正送金が行われる前に戻すことになりましたが、非中央集権的ではないと一部のグループが反発し、そのグループによってイーサリアムクラシックが引き継がれました。
リスク リスクはJavaScriptで開発されており、分散型アプリケーション(DApps)を構築できるプラットフォームです。
スマートコントラクトが実装可能なので、あらかじめプログラムをしておけば契約が自動で実行できます。
ファクトム 書類などのデータをブロックチェーン上に管理する事ができ、データが管理された時間や存在したことを証明できる機能があります。
不動産や医療データ、金融データなど重要なデータを取り扱う業界で活躍すると言われております。
ネム ネムは保有している量が多いほど取引の承認権が与えられるシステムで、ビットコインのように高機能なパソコンが必要ありません。
ライトコイン ライトコインは8,400万枚発行されている仮想通貨で、ビットコインと同じくマイニングによって取引が承認されています。
セグウィットの実装により、安全で高速な取引が可能になりました。
ビットコインキャッシュ 2017年8月にビットコインからハードフォークによって誕生した仮想通貨です。発行上限数はビットコインと同じく2,100万枚で、ビットコインよりブロックの大きさが大きくなっているので処理速度と手数料の改善が実現しました。
モナコイン 日本の掲示板サイトのキャラクターを参考にした仮想通貨で、モナコインはライトコインをベースに作成されています。仮想通貨の中で初めてセグウィットが実装されています。
ステラルーメン リップルを参考に作られた仮想通貨で、取引速度や手数料の安さが特徴的です。
クアンタム ビットコインとイーサの良い場所を参考に作られた仮想通貨で、かつスマートフォンで利用できるライトウォレットを使用できます。
ベーシックアテンショントーク Brave Softwareが作った仮想通貨で、BATとBraveブラウザを利用すると「分散型広告システム」が実現します。Braveで広告を閲覧すると、閲覧したユーザーはBATを獲得できます。
エンジンコイン エンジンコインはゲームを楽しむことで貯めることができ、ゲーム内での購入や販売が可能になります。開発者は既存のゲームでも新規開発したゲームでもアイテムとして資産を統合できます。
オーエムジー イーサリアム上に発行されたERCトークンで、東南アジアを中心に通貨や資産の管理などを低コストで行えるサービスです。
パレットトークン NFTプラットフォーム「パレット」で利用される仮想通貨で、スケーラビティやガス代、著作権問題の課題解決を目指しています。
コインチェックの口座開設はこちら

bitFlyer

クレジットカード発行、ポイントサイトでビットコイン受け取り、アフィリエイト収入をビットコインで受け取るサービスがあります
ビットコイン 発行上限2,100万枚と決められているビットコインはマイニング作業によって取引が支えられています。
国家に依存しない通貨で仮想通貨の中でも一番有名かつ価値のあるコインです。
リップル Ripple社が運営する仮想通貨で、Ripple社がリップルの供給量などをコントロールできます。
日本人に特に人気の仮想通貨で、時価総額も上位を推移しています。
国際送金の問題である手数料の高さや時間がかかってしまう問題を解決するために開発されました。
イーサリアム イーサリアムと呼ばれるブロックチェーン上で取引されている通貨がイーサです。
イーサリアムは分散型アプリケーションを発行する事ができ、中央集権が存在しないシステムを構築できます。
NFTやDeFiなどはイーサリアムのブロックチェーン技術を活用したアプリケーションです。
発行上限はありませんが、供給量をバーンしているので徐々に減っています。
チェーンリンク 分散型オラクルと呼ばれ、ブロックチェーンと繋げることができます。異なるブロックチェーンを繋げられるので、異なるサービスを扱っているブロックチェーンをリンクできます。またブロックチェーン以外の外部データを取り込むこともできます。
ポルカドット 異なるブロックチェーン同士をつなげることができるポルカドットは、ブロックチェーン開発しやすいことで有名です。また、Web3.0の実現に欠かせない仮想通貨で、既存のブロックチェーンと接続することでより多くのサービス実現を目指せます。
テゾス 分散型アプリケーションの開発や利用に適したブロックチェーンプラットフォームで、LPoSというコンセンサスアルゴリズムを採用しています。プルーフ・オブ・ステークスでは通貨をたくさん持っている人ほどマイニング作業が進めやすいが、テゾスでは保有が少なくても大量に保有している人に委託してたくさんブロック生成できます。
ステラルーメン リップルを参考に作られた仮想通貨で、取引速度や手数料の安さが特徴的です。
ネム ネムは保有している量が多いほど取引の承認権が与えられるシステムで、ビットコインのように高機能なパソコンが必要ありません。
ベーシックアテンショントーク Brave Softwareが作った仮想通貨で、BATとBraveブラウザを利用すると「分散型広告システム」が実現します。Braveで広告を閲覧すると、閲覧したユーザーはBATを獲得できます。
イーサリアムクラシック イーサリアムから分岐(ハードフォーク)した仮想通貨で、イーサリアム同様分散型アプリケーション(DApps)を開発する事ができます。
元々はイーサリアム常に作られたThe DAOというサービスサービスがハッキングされ、ETHが流出してしまいました。その時に不正送金が行われる前に戻すことになりましたが、非中央集権的ではないと一部のグループが反発し、そのグループによってイーサリアムクラシックが引き継がれました。
ライトコイン ライトコインは8,400万枚発行されている仮想通貨で、ビットコインと同じくマイニングによって取引が承認されています。
セグウィットの実装により、安全で高速な取引が可能になりました。
ビットコインキャッシュ 2017年8月にビットコインからハードフォークによって誕生した仮想通貨です。発行上限数はビットコインと同じく2,100万枚で、ビットコインよりブロックの大きさが大きくなっているので処理速度と手数料の改善が実現しました。
モナコイン 日本の掲示板サイトのキャラクターを参考にした仮想通貨で、モナコインはライトコインをベースに作成されています。仮想通貨の中で初めてセグウィットが実装されています。
リスク リスクはJavaScriptで開発されており、分散型アプリケーション(DApps)を構築できるプラットフォームです。
スマートコントラクトが実装可能なので、あらかじめプログラムをしておけば契約が自動で実行できます。
bitFlyerの口座開設はこちら

BITPoint

仮想通貨をもらえるサービスは現在ありません
ビットコイン 発行上限2,100万枚と決められているビットコインはマイニング作業によって取引が支えられています。
国家に依存しない通貨で仮想通貨の中でも一番有名かつ価値のあるコインです。
チェーンリンク 分散型オラクルと呼ばれ、ブロックチェーンと繋げることができます。異なるブロックチェーンを繋げられるので、異なるサービスを扱っているブロックチェーンをリンクできます。またブロックチェーン以外の外部データを取り込むこともできます。
ジャスミー ジャスミー株式会社によって発行されている仮想通貨で、個人情報を安全に分散管理することを目標に開発が進められています。ジャスミーはIoTと組み合わせ、ジャスミーIoTプラットフォームの開発も数sめています。
ポルカドット 異なるブロックチェーン同士をつなげることができるポルカドットは、ブロックチェーン開発しやすいことで有名です。また、Web3.0の実現に欠かせない仮想通貨で、既存のブロックチェーンと接続することでより多くのサービス実現を目指せます。
エイダ エイダコインはオンラインカジノ「Cardano」で使用できるコインで、平等な環境でカジノをすることができます。
トロン ユーザーがデジタルコンテンツを配信し、保存や管理などもできるブロックチェーンプラットフォームです。
リップル Ripple社が運営する仮想通貨で、Ripple社がリップルの供給量などをコントロールできます。
日本人に特に人気の仮想通貨で、時価総額も上位を推移しています。
国際送金の問題である手数料の高さや時間がかかってしまう問題を解決するために開発されました。
イーサリアム イーサリアムと呼ばれるブロックチェーン上で取引されている通貨がイーサです。
イーサリアムは分散型アプリケーションを発行する事ができ、中央集権が存在しないシステムを構築できます。
NFTやDeFiなどはイーサリアムのブロックチェーン技術を活用したアプリケーションです。
発行上限はありませんが、供給量をバーンしているので徐々に減っています。
ビットコインキャッシュ 2017年8月にビットコインからハードフォークによって誕生した仮想通貨です。発行上限数はビットコインと同じく2,100万枚で、ビットコインよりブロックの大きさが大きくなっているので処理速度と手数料の改善が実現しました。
ライトコイン ライトコインは8,400万枚発行されている仮想通貨で、ビットコインと同じくマイニングによって取引が承認されています。
セグウィットの実装により、安全で高速な取引が可能になりました。
ベーシックアテンショントークン Brave Softwareが作った仮想通貨で、BATとBraveブラウザを利用すると「分散型広告システム」が実現します。Braveで広告を閲覧すると、閲覧したユーザーはBATを獲得できます。
BITPOINTの口座開設はこちら

ブロックチェーンで遊ぶ際はそれに対応した仮想通貨が必要です。仮想通貨取引所の開設は無料でできるので、まずは複数開設してみましょう。