暗号資産・ブロックチェーン

【Coincheck電気・ガス】ビットコインが毎月付与された

コインチェック電気とガスを契約してビットコインを貯める

ビットコインや暗号資産が最近また話題になっていますが、変動が激しかったり、現金を使ってビットコインに変えるハードルが高いですよね…
だけど少しは気になる…

これからやってくるWeb3.0時代にはインターネットの仕組みが大きく代わり、その技術が暗号資産を支えているブロックチェーンがメインとなります。
暗号資産やブロックチェーンに触れるハードルは年々下がっており、直接お金をかけずにビットコインを手に入れることも。

その中でも特に初心者におすすめしたいのがコインチェック電気とガスで、毎月少量のビットコインが付与されます。
僕も2年間契約していますが、毎月ビットコインが付与されてます。

この記事で分かる事

  • 毎月ビットコインが付与される事
  • 完全に無料で契約できる事
  • コインチェックの口座が必要なこと

コインチェックの口座は無料で開設でき、電気とガスを契約するのも無料なので、 毎月何もせず自動でビットコインが付与されます。

暗号資産・ブロックチェーンに触れると...

予測が難しい未来の資産、経験、知識に分散投資できます。

コインチェックの電力・ガス会社乗り換えだけでビットコインが毎月貯まる

僕の住んでいる家は家族で住むような家ではないので、アンペア数が低く毎月付与されるビットコインが、支払い金額の1%です。
ですが、家族で住んでいる方は40アンペアから60アンペアくらいのなので、ビットコインが付与される割合が高くなります

4人家族 5人家族
アンペア 40A 60A
電気代 11,000円 13,000円
付与される
ビットコイン
440円相当のビットコイン/毎月 910円相当のビットコイン/毎月

上記の計算はあくまでも想定ですが、年間5,280円〜10,920円相当のビットコインが付与されます。

ビットコインは価格が常に変動しているので、上記金額より利益を出すこともあります。
価格が減ることもありますが、元々は現金を出してないのでとても手軽に参入できます。

実際に僕もコインチェック電気・ガスどちらも契約しています。

電力会社乗り換えでビットコインを貯める

月末か月初にビットコインが自動的に付与されます。

電力会社乗り換えでビットコインを貯める

一番最初に付与されたビットコイン量は0.00004844BTCですが、もしビットコインが一枚当たり1000万円になったら、480円に。
1億円に到達する予測が仮に当たったとしたら、4844円相当になります。

直接お金をかけないので、成功体験を生み出しやすい

バブル崩壊により株やFX、暗号資産、ビットコインなど敏感に反応してしまう方もいるかと思います。
実際ビットコインに直接お金をかけていないので、付与されるだけでもお得ですが、ビットコインの価格が上がればよりお得になります。

お金をかけない投資が一番成功体験を積む事ができるので、まずは数千円の利益を出してみましょう。

メリット

コインチェック電気・ガスのメリットについて紹介します。

コインチェック電気・ガスのメリット

  • 毎月ビットコインが付与される
  • 放置できる
  • 大手電力会社より安い

ビットコインは価格変動が激しいので、初心者が購入タイミングを見極めるのはとても大変なので自動で付与されれば見極める必要はありません。

そしてコインチェック電気とガスは、大手の会社より数%安いので、節約にもつながります。

デメリット

コインチェック電気・ガスのデメリットについて紹介します。

コインチェック電気・ガスのデメリット

  • 競合より高い場合もある
  • 1年以内の解約はお金がかかる
  • ビットコインに慣れるくらいの量

コインチェックの電気とガスが一番安いわけではないので、節約第一の場合は他の電力会社に変更しましょう。
あまりないと思いますが、一年以内の解約で5,500円かかります。
※ガスは解約金がかかりません。

ビットコインをがっつり貯めて利益を出すほど付与されません。
ですが、TポイントをbitFlyerでビットコインに交換し、併用したらある程度ビットコインが貯まります。

Coincheck(コインチェック)電気とガスの詳細

コインチェックは日本国内の仮想通貨取引所で、最近はコインチェックNFTも展開してます。他にも暗号資産の購入、つみたて、送金、受け取りなどが行えます

コインチェック電気とガスに契約する場合はCoincheckの仮想通貨口座を無料で開設しましょう。

Coincheck(コインチェック)電気

コインチェック電気

コインチェック電気はビットコイン付与プランとビットコイン支払いプランで分かれており、ビットコイン付与プランは、電気代の1〜7%のビットコインが付与されます。

ビットコイン決済プランは、ビットコインで電気代を支払うと1〜7%安くなります。

地域や従量電灯などによって還元率などは変わります。

従量電灯B 従量電灯C
30A 40A 50A 60A
北海道 1% 4% 6% 7% 7%
東北 1% 3% 4% 5% 5%
東京/中部 1% 4% 5% 6% 6%
北陸 1% 3% 4% 5% 5%
九州 1% 2% 4% 5% 5%
従量電灯B
関西 5%
中国 5%
四国 5%
従量電灯とは?

電気の使用量に応じて課金される電気料金プランです。

一人暮らしの家は還元率が1%程になるので、暗号資産を体験するには少し物足りないかもしれません。

僕は二人で暮らしており、毎月の電気代は5,000円~7,000円ほどで、毎月50円~70円くらいのビットコインが付与されています。

Coincheck(コインチェック)ガス

コインチェックガス

コインチェックガスは一律3%です。

コインチェックガスもビットコイン付与プランとビットコイン決済プランがあり、ビットコイン付与プランは、ガス代の3%のビットコインが付与されます。
ビットコイン決済プランは、ガス代が3%安くなります。

ガスの場合はビットコインの付与率が3%なので、僕の場合は電気より三倍のビットコインが毎月付与されています。

電力会社・ガス会社に乗り換える際の疑問点

次に契約に関する疑問点をまとめてみました。

乗り換えは完全に無料

工事費は無料です。

もし引っ越し先のメーターがスマートメーターに対応していない場合でも、無料で交換してくれます。
僕はアパートに住んでいますが、アパートでも申し込んで問題ありません
※不動産会社に確認済み

コインチェック電気とガスの申込方法

コインチェックアカウントを作成し、コインチェック電気コインチェックガスを契約します。
ネットから申し込みができますが、引っ越し先で新規契約する場合はい遅くても一週間前から予約しておきましょう。

僕は実際にガスの契約が間に合わなかったので、先に東京ガスを開通してからすぐにコインチェックガスに変更しました。

仕事や育児・家事が大変でも手間なくビットコインを貯められる

仕事で忙しい方や、育児や家事が大変な主婦の方でも、一回契約してしまえばあとは放置するだけなのでハードルが低いです。
毎月自動でビットコインが貯まるので、今まで株や暗号資産の取引をした事がなくても全く問題はありません。

コインチェックは他にもCoincheckアンケートやビットコインつみたてサービスがあるので、個人的にもおすすめの取引所です。

他のビットコインが貯まる電力会社

コインチェック電気・ガス以外にもビットコンが付与される電力会社を紹介します。

リミックス電気でビットコイン

リミックス電気は、横浜F・マリノスのトップパートナーの会社です。

毎月の電気代が割引になるプランと、割引分をビットコインとして付与されるプランがあります。

コインチェック電気同様、スマートメーターが設置されていれば工事費は無料です。
契約はホームページからできます。

ビットコインを受け取るには、BITPOINTの口座が必要です。