自然のVR動画はYouTubeで!
最近の写真
Camera

一眼レフでタイムラプスを撮影する方法

カメラ

「タイムラプスってどんな作りなの?」
「どんな感じに撮るの」

と、タイムラプスを見たとき思うかもしれません。

タイムラプスの作りは何百枚もの写真をつなぎ合わせて流したものです。

それではタイムラプスについて深掘りしていきましょう。

タイムラプスと動画の仕組み

タイムラプスと動画の仕組みは同じです。

動画は通常1秒間に24〜30枚の写真を流しています。

最近では1秒間に60枚の写真を使って撮影できるものもあり、とても滑らかに見えます。

これらを30fpsや60fps と呼ばれています。

タイムラプスとは?

タイムラプスも動画同様1秒間に何十枚もの写真を流しています

動画は1秒間に対して表現できる秒数は1秒ですが、タイムラプスは1秒間で1時間の時間を表現することができます

例えば

・植物が一瞬で成長する動画
・工事現場の建物が一瞬で完成する動画
・人通りが一瞬で流れる動画

などです。

設定次第で10秒のタイムラプスで1年間表現することもできます。

タイムラプスの作り方

では早速タイムラプスを作ってみましょう。

カメラによっては自動で作ってくれるカメラもあるので確認してみましょう!

動画の長さと枚数を決める

まずは動画の長さと、写真を撮影する枚数を決めましょう。

私がタイムラプスを作るときは以下の順番で決めます。

①1秒間に何枚の写真を使うか?

②何秒間のタイムラプス動画を作るか?

必要な写真数=①×②

必要な写真の枚数は1秒間に使う写真の枚数と、タイムラプスの動画の長さをかけましょう。

30(枚)×10(秒)=300(枚)

こんな感じです。

撮影間隔

タイムラプスの醍醐味は撮影の間隔が肝心です。

例えば

・10分で1枚

・10時間で60枚

・1秒間で30枚利用する場合2秒のタイムラプスが完成

・10時間を2秒のタイムラプスで表現

このように数時間、数日間を数秒で表現することができます。

星や雲、観覧車などを撮影する際に撮影間隔を開けるとかなり早く動きます!

カメラの設定

カメラにタイムラプス機能がついてない場合、リモコンを購入する必要があります。

私はカメラにタイムラプス機能がついてない為、リモコンを接続して撮影しなければいけません。

私はROWA・JAPANのリモコンを利用しているので、このリモコンに沿って説明します。

リモコンで自動撮影

ROWA・JAPANはとても価格が安く、カメラ購入後も購入しやすい値段です。

確か2000円前後です。

私が利用しているリモコンはこんな感じです。

ROWA・JAPAN
ではリモコンの説明をします。
シャッターボタンはTIMER START/STOPか、下の大きなボタンです。

タイムラプスはTIMER START/STOPで開始します。

・DELAY→撮影ボタンを押してか、1枚目を撮るまでの時間
・LONG→シャッタースピード
・INTVL→次のシャッターまでの時間
・N→撮影枚数
・音符マーク→シャッター時の音設定

下の大きなボタンはカメラのシャッターボタン同様です。
長押しすると押してる間シャッターを開き続けています。

最後にタイムラプス動画を作ろう!

撮影後はパソコンやスマホでタイムラプス動画を作成しましょう!

タイムラプス動画の作成(Gluemotion)

ハイパーラプスもハマるかも?

タイムラプスは撮影に時間がかかりますが、完成した時の感動はとても半端ないです。
いくつものタイムラプス動画を一つの作品にしたときは更に感動が増します!

次第にハイパーラプスもハマってくるかもしれませんね。

時期にハイパーラプスの紹介もしようと思います。

Amazonで写真集販売中!!
読み放題対応
自然の4K動画とVR動画を
YouTubeで見る