自然のVR動画はYouTubeで!
最近の写真
Camera

【iPhoneでブレない動画】OSMO Mobileで映画のような動画を撮影する

カメラ

スマホの機能の向上、外部アクセサリーの高機能化により綺麗な動画を撮影する事ができます。
今回は中国企業のDJIが作ったOSMO Mobile 2の紹介をします。

OSMO Mobile 2とは?

DJI OSMO Mobile 2はセルカ棒のようなもので、スマートフォンがブレないようにジンバルで支えています。
可動域は決まっていますが、可動域内だと全くブレない動画を撮影することができます。
OSMO Mobile 2

1.はじめに

まずOSMO Mobile 2を付属の充電器で充電します。この時利用する充電器はMicro USB Micro-Bで、Androidスマホやモバイルバッテリー充電器などに利用されているものと同じです。

2.調節

電源をつける前にお持ちのスマートフォンに合わせて調節します。

まずスマホを取り付ける裏側にネジがあります。そのネジを南京錠が開いたマーク方向に回し、緩んでからスマホを取り付ける挟む部分を、回転する事ができます。向きを変える事で、縦向きか横向きかを変更する事ができます。向きを変える必要がなければこの手順は必要ありません。

スマホを固定している部分を調節しましょう。
OSMO Mobile 2
向きを変更した後はしっかりネジを締めましょう。(上記の写真は横向き)
OSMO Mobile 2
(上記の写真は縦向き)
次にもう1つネジがあります。そのネジを南京錠が開いてるマークの方向に回して緩めます。緩めてからスマホを取り付けスマホが水平になるように調節します。
OSMO Mobile 2
調節したらネジをしっかり締めましょう。
OSMO Mobile 2
スマホがこのように水平になれば設定は完了です。

スマホが曲がっているとどうなるの?

撮影する時に水平を保てなくなってしまいます。

撮影中もネジが緩んで少し動いてしまうので、水平にならない時はもう一度水平に調節しましょう。

3.DJI GOをダウンロード

DJI GOをダウンロードしましょう。DJI GOでOSMO Mobile 2からスマホを操作する事ができます。
DJI GOをダウンロード後DJIアカウントを作成します。DJIアカウントを作るとOSMO Mobileを操作できたり、ドローンを買った時にそのアカウントで飛ばす事ができます。

4.OSMO Mobile 2の電源をつける

OSMO Mobile 2の電源をつける方法は「M」ボタンを長押しします。
電源をつけるとBluetoothを接続する事ができます。

5.Bluetooth設定

OSMO Mobile 2とスマホをBluetoothで接続します。
設定アプリからBluetoothを開き、Bluetoothをオンにして、OSMO Mobile 2と接続します。

6.利用開始

Bluetooth接続後DJI GOアプリを開き、OSMO Mobile 2に接続します。

接続後一度OSMO Mobile 2の電源を切り、もう一度電源をつけるとジンバルが動き始めます。
(電源を切る前からジンバルが動いていた場合は不要)

ジンバルが動けば撮影開始できます。

ジンバルが動いても携帯が水平ではない場合

最初の調整の時点で少しずれている可能性があります。

一度電源を切ってからサイド調節しましょう。水平か確認できないときはiPhoneの標準アプリの計測アプリで角度を確認しましょう。
OSMO Mobile 2

撮影画面

撮影画面はこのような感じです。
OSMO Mobile 2
横向きで撮影する際は画面回転のロックを解除しましょう。

1.機器を選ぶ画面に戻る。

このボタンを押すと接続画面に戻ります。

2.カメラの設定変更

・解像度変更 4K30fps・1080p30fps・1080p60fps・720p30fps から選択できます。
・効果を高めます
Beautifyは自動で動画のクオリティーあげてくれます。ですが720pでしか撮影できません。
・手動モード
ISO シャッタースピード ホワイトバランスを手動で変更する事ができます。
・ホワイトバランス
ホワイトバランスを変更する事ができます。手動モードでなければこちらで変更しましょう。
・グリッド
画面内に線を引く事ができます。グリッドを基準に被写体などのバランス感覚を簡単にとる事ができます。被写体の位置やバランスが必要な場合はグリッドを使うと動画を撮影しやすくなります。
・Flash
フラッシュの設定を変更する事ができます。明るさは調節できません。

3.ジンバル

・シーンモード
「Walk Mode」「Sport Mode」を選択できます。Walk Modeはジンバルの動きがゆっくりで、Sport Modeはジンバルの動きが早くなります。
・ピッチロック
腕の動きなどの影響を抑える事ができます。

4.設定

・カメラ
カメラの設定を変更する事ができます。
・ジンバル
ジンバルの水平の設定や、ジンバルの動きなどを調節できます。好みがあると思うので、ここは自分の好きな設定で調節しましょう。
・一般設定
OSMO Mobile 2の情報を見る事ができます。
・ライブ
YouTubeなどのSNSライブに接続する事ができます。

5.写真 動画モードの変更

写真と動画の変更をする事ができます。

6.撮影モード変更

・写真
シングル
通常の写真を撮影する事ができます。
パノラマ
180°の写真を撮影する事ができます。
長時間露光
シャッター時間を長くする事ができます。
・動画
初期設定
普通の動画を撮影する事ができます。
スローモーション
スローモーションの動画を撮影する事ができます。
タイムラプス
タイムラプス動画を撮影する事ができます。
ハイパーラプス
歩きながらタイムラプスを撮影する事ができます。
モーションラプス
自分で地点を決めて動くタイムラプスを撮影する事ができます。撮影中はジンバルが少しづつ動くので、三脚などで固定すると完成度が高くなります。

7.シャッターボタン

画面上からもシャッターを押す事ができます。

8.フロントカメラ インカメラ変更

フロントカメラか、インカメラかを選ぶ事ができます。
ちなみに電源・モード変更ボタン「Mボタンを3回連続で押すと、インカメラとフロントカメラを変更する事ができます。

9.アルバム

DJI GOアプリで撮影した動画や写真はDJI GO内のアルバムに保存されます。
DJI GO内のアルバムから標準アプリに保存したり、他のSNSに投稿できます。

10.Bluetooth接続

Bluetoothを接続してあるかを確認する事ができます。Bluetoothに接続しないとOSMO Mobileから動画を撮影する事ができません。

11.追跡モード

黄色い丸のときはピントを自動で合わせてくれます。

黄色い丸を押して緑の四角にすると、追跡モードになります。
追跡モードは追跡したいものを指でなぞるとジンバルが自動で動き出し、追跡したいものを自動で追跡してくれます。対象物が近すぎると認識しない可能性があります。

12.スマホバッテリー残量

スマホのバッテリーの残量を確認する事ができます。
13.OSMO Mobile 2 バッテリー残量
OSMO Mobile 2 のバッテリー残量を確認する事ができます。

OSMO Mobile 2からスマホを充電

どのくらい充電できるの?

iPhone 8 Plus を利用していますが、ほぼMaxまで充電できます。

バッテリーの環境により異なる可能性があります。
OSMO Mobile 2からスマホに充電する事ができます。

1枚目の写真の裏側にUSBをさすところがあります。ほかにもUSBのライトなどのアクセサリーにも使えます。

ジンバル(スタビライザー)とは?

ジンバルとは1つの物を中心として物体を回転させるもので、回転を利用して対象物を極力動かさないようにできます。

3軸なのでどの角度に動かしてもブレません。
この技術はドローンにも利用されており、ドローンを早く飛ばしたり風に煽られてしまっても映像はほとんどブレていません。安いドローンだと2軸で、3軸には負けてしまいますがブレない映像を撮影する事ができます。

3軸は今回紹介したOSMO Mobileや、ドローンはMavic Air Mavic Pro などが3軸対応のドローンです。

現在は価格がかなり下がった

ジンバルは少し前かなり価格が高かったです!
OSMO Mobile 2は最初2万5000円程度していましたが、現在では1万56000円程度です。
最近発売されたOSMO Mobile3は1万3000円程度です!

注意点

ジンバルは電源を切っている最中脱力状態(ジンバルが機能していない状態)なので、持ち運びなどは何かで固定することをおすすめします。

電源をつけている最中に掴む部分ではなく、ジンバルを手で持ってしまうとあまりジンバルによくありません。
電源をつけている最中は極力ジンバルを触らないようにしましょう。

Amazonで写真集販売中!!
読み放題対応
自然の4K動画とVR動画を
YouTubeで見る