自然の4K動画とVR動画はYouTubeから!

【Final Cut Pro X】二つの動画を合成させる

今回はFinal Cut Pro Xで合成動画を作ってみました。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by YusukeGoto (@yusukegoto_) on

クオリティーは低いですが早速メモメモ

合成動画の作り方

今回は二つの動画を合成してみました。
順番に説明していきます。

マスクを描画

FinalCutProXで動画を合成させる
①動画をコピーして二つにする
②コピー元(上の動画)の動画にマスクを描画を適用
③残したい部分を選択する
④残したい部分を線で囲む

細かく説明します。

まず最初にメインとなる動画を準備してください。
オプションキーを押しながらメインとなる動画をクリックし、下に引っ張ります。

そうすると動画がコピーされます。


次にエフェクト欄から「マスクを描画」を選択し、コピー元(上の動画)に持ってきて適用します。


画面右上にマスクを描画の調節が表示されます。
「変形→位置」
「コントロールポイント」
上記二つにキーフレームを追加します(黄色いマーク)


最後に動画の残したい部分をクリックし点を追加していきます。
点を何個も追加し、点と点を繋げて線にします。

動画なので時間が経つにつれ残したい部分が移動してしまいます。
少しづつ動画を進め、線を移動させ調整しましょう。

動画を進めると線が移動しますが、移動しない場合は③を再度見直してみましょう。

囲んだら次のステップに移動です!

ルミナンスキーヤ

FinalCutProXで動画を合成させる
①エフェクトからルミナンスキーヤを選択
②コピー先(下の動画)の動画にルミナンスキーヤを適用
③合成させるタイミングを調節

①②
ルミナンスキーヤを選択し、コピー先の動画にルミナンスキーヤを適用させます。


合成を行いたいタイミングに合わせてルミナンスの右側にあるキーフレームを追加します。
次に白と黒の矢印を動かし、合成するタイミングを調節します。


2秒の地点でキーフレームを追加

4秒の箇所に移動し、矢印を調節

合成したい動画の追加

FinalCutProXで動画を合成させる
最後に合成したい動画を一番下に追加することで、動画の合成が完成します。

Amazonで写真集販売中!!
読み放題対応
自然の4K動画とVR動画を
YouTubeで見る