自然の4K動画とVR動画はYouTubeから!

カメラの設定方法

みなさん写真を撮影する際設定していますか?

カメラを設定することにより写真の表現方法が大きく変わりますが、設定が多く戸惑ってしまうかもしれません。
ですが設定一つ変えるだけで写真の表情は変わるので、一つづつ設定を変えて自分の理想の写真に近づけることができます。

では早速カメラの設定方法を紹介します。

一番基本となる設定

最初に一番基礎となる設定方法を紹介します。
まず最初は写真の明るさや動きを決める設定をしなければいけません。

camera

カメラ初心者が最初に把握するべき3つの設定

・シャッタースピード
・F値
・ISO
の設定の設定を抑えることができたら次は夜景にチャレンジです。暗い時の写真を撮影することで光の扱いをより深めることができます。

星と花火と夜景の撮影方法【夜に強くなる】

写真の色

次に写真の色を変更していきましょう。
写真の色を鮮やかにしたり、白黒にしたりする設定はピクチャースタイルです。

camera

【個性を出す一歩】ピクチャースタイルを操り写真の表現方法を変える

次に写真に暖かみや冷たさを表現することができます。

camera

【写真の表情を変える】ホワイトバランスで写真の暖かみを変える

編集

写真を撮影していると失敗した写真がありますよね..
シャッターチャンスが一瞬しかない時など場合によってはあると思います。

そんな時に利用した方がいい設定はRAWで撮影して、RAWの写真を編集する時値です。
初期設定はJPEGで、JPEGは編集に向いてません。

【RAW編集】Digital Photo Professional(DPP)で写真を編集してみよう

RAWで編集できるソフトは他にも多数あります。AdobeのPhotoshopなどが王道ですが、月額料金かけたくない方はおすすめできません。
私はDigital Photo Professional以外にもPixelmatorというApple専用の編集ソフトがあります。

Pixelmatorは約7,000円しますが、一回購入したら今後払う必要はありません。
Pixelmatorは写真編集の他に、絵を描くこともできます。

Pixelmator で絵を書いたり写真を編集したりする方法

写真を撮影していると動画も挑戦してみたいと思うことがあります。
一眼レフカメラでも動画を撮影することができます。

カメラの取り扱い

カメラはかなりデリケートな物で、埃やチリ、湿気などにとても弱いです。

特にたちが悪いのが湿気です。湿気によりレンズやカメラ内にカビが生えてしまい写真を綺麗に撮影することができなくなります。

カメラ

【レンズのカビは大敵】梅雨時期の湿気からレンズを守ろう

最後に

カメラには設定がたくさんあり最初気が遠くなってしまいますが、徐々に慣れれば全く問題ありません。
他のカメラの記事も紹介するので是非参考にしてみてください!

カメラの記事はこちら!