YouTubeに360°カメラで撮影したVR動画を公開中!!

【グリッドボットのやり方】Bybitでビットコインを自動売買

他人が作ったやつじゃなく、自分で作った自動売買ソフトでビットコインを自動売買したい。

そう思いませんか?

企業が提供している自動売買ソフトの利用料がとても高く、自分で運用したほうが成績よさそうと思えてしまいます。

だけどプログラミングスキルがないから自動売買ソフト作れないからと言って諦めてませんか?

大丈夫です。Bybitでは無料で自動売買ソフトを作って、ビットコインを運用できるサービスを提供してます。

この記事で分かる事

  • Bybitの自動売買システムはグリッドボット
  • グリッドボットの特徴
  • グリッドボットの始め方

この記事ではグリッドボットの始め方を紹介していきます。

Bybitのグリッドボットとは?

グリッドボットは、あらかじめ設定された価格範囲の中で、指定された価格間隔に自動売買注文を出す取引戦略です。価格変動を利用し、値動きの激しい市場で高いパフォーマンスを発揮します。現在、Bybitグリッドボットは現物取引にのみ対応しています。

Bybitグリッドボットのご利用に、追加手数料は発生しません。取引手数料は、お客様の現物注文が成立した時点で発生します。通常の現物取引と同じ手数料体系が適用されます。

グリッドボットは、あらかじめ設定された価格範囲内でのみ運用されます。

Bybitは自分で自動売買システムを作れるグリッドボットを提供しており、普段相場を見る暇もない方でも短期売買ができます。

多くの自動売買システムは取引所外のAIを用いたシステムで利用料が少し高いですが、Bybitは追加料金なしで自動売買を設定できます。

普段の取引と手数料は変わらないので、資金を新たに追加する必要はありません。

自動売買システムを自分で作れる

当サイトの別記事で紹介した自動売買システムの比較記事では、運用をAIが行うものがありました。

AIは過去の価格を参考にして運用しますが、経済指標や地政学リスクなどに弱くまだまだ改善の余地があります。

AIとが人間のレベルを超すのは時間の問題ですが、今現在運用するのは人間の方が強いでしょう。

とはいえ初心者がAIと戦えばほぼAIが勝つと思います。

今後AIが運用するのが主流になるかもしれませんが、今時点で自動売買をするなら自分で自動売買システムを作った方がいいかもしれません。

24時間自動売買

グリッドボットは24時間動いてくれるので、仕事や学校、遊んでいる時間も勝手に取引してくれます。

時間に余裕があるなら取引してみたい方におすすめのサービスです。

現物取引に対応

グリッドボットは現物取引のみ対応しており、通貨もビットコイン以外でOKです。

現物取引のみの対応となっているので、クリップボボットによる追証リスクはありません。

大きな変動があった時は停止してくれる

あらかじめ設定した価格の範囲内でのみ取引をしてくれるので、大きな変動があった場合自動売買が停止吸するようになってます。

事前に価格を決めるので、損益のおおよそは設定時に分かります。

グリッドボットのメリットとデメリット

グリップボットの特徴について紹介してきましたが、すべての人が向いているわけではありません。

一体どのような人にメリットがあるのかを確認していきましょう。

デメリット

始めにグリッドボットのデメリットについて紹介します。

グリッドボットのデメリット

  • 自分で作った自動売買ルールが必ず勝てるわけではない
  • 大きな変動があった場合取引チャンスを失う
  • 取引回数が増加すれば手数料も必要

自動売買は24時間常に取引をしてくれるので、取引チャンスを逃しにくいですが自分で作った自動売買ツールが必ず利益を出してくれるわけではありません。
自動売買の一番肝心なポイントを売買タイミングで、そのタイミングを決めるのはあなたの設定にかかってます。

指定した価格内で自動売買を行うので、大きな変動があった場合取引するチャンスを逃してしまうかもしれません。
価格を設定するのはユーザーの資産を守るためにありますが、その機能が逆に働いてしまう事もあります。

Bybitは手数料が安いので、青汁王子や与沢翼さんなど有名な人も利用しています。
とはいえ取引に手数料は必ずかかるので、微量ながら毎回手数料を取られます。

メリット

次にメリットを紹介します。

グリッドボットのメリット

  • 忙しくても買ったに運用してくれる
  • 運用による心理的負担を軽減できる
  • 24時間運用してくれる
  • 成果を出している人のグリップボットをコピートレードとして運用できる
  • 初心者でも簡単に作れる

仕事や学校で忙しくてもグリッドボットを利用すれば勝手に運用してくれます。
また、相場を見る回数も減るので心理的負担を軽減できます。
運用において一番成果が悪くなるのは心理が入って少しでも負けたら決済してしまい、やめてしまう事です。
ですがグリッドボットに任せれば24時間いつでも取引をしてくれ、継続もできるので将来的に資産を増やす事ができるかもしれません。

グリップボットがうまくいかなくても他人のグリップボットを利用でき、その成果を自分も受け取れる仕組みがあります。
コピートレードはプロのトレーダーと同じ取引ができる機能ですが、グリップボットにも対応しました。
コピートレードについては別記事でも紹介してます。

グリップボットはアプリからでも作れるので、初心者もスマホがあれば簡単に作れます。

Bybitのグリッドボットの作成方法

Bybitのアカウントがない方はメールアドレスをを準備してアカウントを作成しましょう。

アプリをダウンロードしてログイン後、TOP画面の中央に表示されてるメニューから「取引ボット」を選んでください。

もし表示されてない場合はその他から移動してください。

Bybitのグリッドボットの作成方法

グリッドボットの画面に移動するので、「ボットを作成」を選んでください。

このページの下に行くと、好成績を出しているグリップボットがランキング形式で表示されるので、そのグリップボットのコピートレードができます。

Bybitのグリッドボットの作成方法

ボットを作成をタップすると早速自動売買の設定を行います。

  • 通貨ペア:取引したい暗号資産
  • 価格希望:USDTから見た取引したい暗号資産の価格の上限と下限を設定
  • グリッド数量:取引を行う感覚
  • 投資総額:グリップボットに利用する運用額

グリッド数量とは希望価格で設定した上限と下限の中で取引を行い、もし上限と下限の間が1000ドルでグリッド数が2だと500ドル間隔で取引を行います。

Bybitのグリッドボットの作成方法

最後に「ボットを作成」をタップすると確認画面が表示されるので、内容に問題なければ次に進んでください。

グリッドボットの終了方法

グリッドボットを終了させるにはTOP画面から「取引ボット」を選んでください。

現在稼働しているボットが表示されているので、タップして詳細を表示させ、「ボット停止」をタップしてください。

  • USDT
  • 取引通貨とUSDTを半分づつ
  • 取引通貨のみ
  • BIT

ボット停止をタップすると法主の受け取り画面が表示されるので、受け取りたい通貨を選んでください。

Bybitのグリップボットで自動売買しよう

短期売買に時間を確保できない方や、心理が入って短期売買がうまくいかない方はBybitのグリップボットを利用してみましょう。

もしかしたら忘れた事には暗号資産が増えているかもしれません。

٩( ᐛ )وシェアしてくれたら(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ブログもっと頑張れます(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
Yusuke Goto
2017年に暗号資産を始め、様々なコインを買って利益を出すも最終的にはほぼ0円。その時「ビットコインを積立ておけばよかった」と感じ、2019年から長期保有して、利益が5倍以上に。 現在写真家を目指し、YouTubeに360°動画を更新してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA