暗号資産・ブロックチェーン

【Web3.0のブラウザBrave】ググっても広告が非表示

みなさん格安SIMに変えて通信速度が低下してしまい、Google検索時にストレスを感じませんか?
通信速度が遅いのに読み込みで広告が出てくると、持っているスマホを投げつけたり、パソコンの画面を叩き割ってやろうと考えてしまいますね。

Brave Browserというブラウザアプリを利用すると、不要な広告を排除し、読み込み速度が速くなります

この記事で分かる事

  • BraveでググったらBATが貯まる
  • Braveは広告を非表示にできる
  • Braveのインストール方法

さらに検索しているだけでBasic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)というWeb3.0時代の主力である仮想通貨をGetできます。
他にもサイト運営者にBasic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)を投げ銭することもできます。

今回はBrave Browserのインストール方法や使い方などを紹介します。

暗号資産・ブロックチェーンに触れると...

予測が難しい未来の資産、経験、知識に分散投資できます。

Brave Browserとは

Brave Softwareによって開発されたソフトで、パソコンやスマートフォンで利用できます。

Brave Browser 従来のブラウザ
匿名性 あり なし
広告 アドセンス広告などが非表示 表示される
速度 広告が表示されない分早い 広告表示分遅くなる

広告をブロックできる

Brave BrowserではGoogle AdSenseや楽天アフィリエイトなどの広告をブロックできます。その為、ウェブサイトが若干軽くなるので読み込み速度が速くなります
また、通信量も軽減できるので、格安SIMを利用している方におすすめしたいブラウザです。

パソコンソフトがメインなので、外出先でテザリングを利用するときなどはより必要性が増します。

普段はイラストと人気記事の間にGoogle AdSenseが表示されますが、Brave Browserの効果で広告が表示されていません。
広告をブロックできる

最近の広告はスライドしたり、動画の場合があるので、通信制限がかかっている時にはとても助かります。

Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)が付与される

Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)が付与されるBrave Rewardsと呼ばれるものを有効化すると、Brave Adsが表示されBasic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)が付与されます

今までは広告をクリックや、表示すると運営者にお金が振り込まれますが、Brave Browserではサイト訪問者にも収益が振り込まれます。

匿名性

Googleアドセンスや、楽天の広告では自分が最近検索した情報が表示されていることはありませんか?
それは検索エンジンやSNSで検索した際に、企業に情報を提供しているのが原因です。

ですがBrave Browserではそういった情報を企業に送信しないので、企業に情報が渡ることはありません。
Brave BrowserはWeb3.0時代で特に注目されるサービスなので、そもそもWeb3.0がいまいちわかっていない方はよければ読んでみてください。

Web3.0とは?

Web3.0とは?IPFSやDappsとブロックチェーンの関係【仮想通貨】

Brave Browserのインストール方法

まずはBraveの公式サイトからBrave Browserをダウンロードしてください。

Braveのインストール方法

今回はIntelチップを利用しているMacにインストールするので、それをクリックしてダウンロードします。

Braveのインストール方法

ダウンロード完了後、インストーラー(Brave-Browser.dmg)を起動して、アプリケーションの中に入れます。

Braveのインストール方法

インストールが完了すると、アプリケーション一覧画面にBraveが表示されます。

Windowsでも利用できます。

使い方

Brave Browserを開くと案内があるので、一通り読んでおきましょう。

Braveの使い方

実際にこのサイトのhttps://gotoyusuke.com/web3/にアクセスして、広告が表示されるかを確認したところ、AdSense広告が表示されていませんでした。

アドレスバーの右側にあるライオンマークみたいなのをクリックすると、ブロックした情報を教えてくれます。

Braveの使い方

この状態で検索をしていると、BATが貯まるので、次はウォレットの設定をしましょう。

BATを貯める方法と、bitFlyerの設定

貯まったBAT(ベーシック アテンション トーク)をウォレットに移動するには、bitFlyerの仮想通貨取引所口座が必要なので、無料でアカウント作成しておきましょう。
画面右上、アドレスバーの右側にBATのマーク(赤い三角)があるのでクリックしてください。

BATを貯める方法と、bitFlyerの設定

「ウォレットを認証」があるのでクリックして、Brave Rewardsの使用を開始してください。

BATを貯める方法と、bitFlyerの設定

少し怖いと思うかもしれませんが、bitFlyerの公式ホームページでも紹介されているので、安心してbitFlyerのアカウントと連携できます。


ウォレットを認証するをクリックしてください。

BATを貯める方法と、bitFlyerの設定

ウォレットを認証するをクリックすると下記のような画面が出てくるので、bitFlyerをクリックしてください。

BATを貯める方法と、bitFlyerの設定

bitFlyer側でメッセージが出てくるので、許可してください。

BATを貯める方法と、bitFlyerの設定

bitFlyerのIDとパスワードを入力すると連携が完了するので、再度BATマークをクリックし、「マイウォレット」を開いて認証済みの文字が表示されていれば完了です!

BATを貯める方法と、bitFlyerの設定

広告表示の設定を変更する方法

広告を表示させる頻度を変更できるので、ブラウザーの右側のBATマークをクリックし、下記画像のような画面が表示されるので右下の歯車をクリックしてください。

BATを貯める方法と、bitFlyerの設定

すると広告の設定画面が表示されるので、「広告」の文字の右側にあるボタンでONもしくはOFFにしてください。
また、「広告」の文字の右側にあるメーターのようなボタンをクリックすると、広告の表示頻度を設定できるので、お好みで調節してください。

BATを貯める方法と、bitFlyerの設定

適当に検索してみたところ、0.005BATが付与されました。

BATを貯める方法と、bitFlyerの設定

基本的には翌月の5日にウォレットに反映されます。

ウォレットの設定

Braveウォレットにイーサを保管できるので、イーサを扱うには別途対応が必要です。
Brave Browserの右上にウォレットのマークがあるので、ウォレットマークをクリックしてください。

BATを貯める方法と、bitFlyerの設定

初回にウォレットマークをクリックするとメッセージが表示されるので、「開始する」ボタンをクリックしてください。

BATを貯める方法と、bitFlyerの設定

ウォレットに接続する際、接続するためのメールアドレスやパスワードを忘れた際に必要なリカバリーフレーズを発行します。
リカバリーフレーズは絶対に他人に見られないようにしましょう。

BATを貯める方法と、bitFlyerの設定

Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)の特徴

BAT(ベーシックアテンショントークン)
発行枚数 15億BAT
対応取引所 コインチェック
BITPOINT
bitFlyer
ホームページ https://basicattentiontoken.org/
イーサリアムブロックチェーン上のERC20トークンとして発行されており、BraveブラウザとBATをかけ合わせることで、不要な広告が削除され個人情報が収集されずに済みます。

イーサリアム上のブロックチェーン上で稼働している仮想通貨で、サイト訪問者やサイト運営者が手軽に取引できます。
今後はWeb3.0時代で、個人情報は企業ではなくブロックチェーン上で管理するなので、Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)も今後注目の仮想通貨です。