自然のVR動画はYouTubeで!
最近の写真
Blog

【環境と体を守る】ビーガン(Vegan)を知り肉の量を減らした結果

ある日YouTubeをだらだら見ていたら、ビーガン(Vegan)と言うワードに出会いました。

気になって探してみると…

・環境に良い
・健康に良い

がすぐに出てきた結果です。

元々自然が好きなのと、自分で料理をするようになってから腸内環境が悪くなっている感じがしたので何も考えず試してみようと思いました。

ビーガン(Vegan)を参考に生活

最近話題になっているビーガン(Vegan)は海外セレブ日本の有名人の方も実施している食生活?みたいなものです。

ビーガン(植物性食品のみ)
ラクト・ベジタリアン(植物性食品と乳製品)
ラクト・オボ・ベジタリアン(植物性食品と乳製品、卵)
ペスコ・ベジタリアン(植物性食品と魚、卵、乳製品)

いきなり動物性の食品や飲み物を取らないのもかなりきついので少しづつ実践しています。

肉料理より楽

自分で料理していた時は、肉と1種類の野菜で適当に炒めてご飯にぶっかけて食べていました。
なので毎日肉をガッツリ食べる生活を過ごしていました。

料理が苦手なので美味しいご飯を食べる確率が25%でした。
ですが、野菜中心の生活にすることで美味しい料理を食べる確率が80%になりました。

野菜料理はフライパンで炒めなくても良いので失敗する確率がかなり減っている感じがします。
肉料理よりかは成功確率が上がったので、満足感が増しました

腸内環境がよくなった

肉ばっかり食べていたのが原因で、おならが硫黄のように臭かったです….
これはまずいと思ったので、食生活を変えようと肉を食べる量を減らし始めました

肉を減らし、野菜を増やした結果おならのにおいが硫黄からうんこのような匂いに戻りました

環境に良い!

ビーガン(Vegan)は自身の体だけではなく、環境にも良い効果を与えます。

メタンガスの影響により地球温暖化

牛などが発するゲップにはメタンガスが含まれており、地球温暖化につながります。

多くの人間が大量の肉を消費する事で家畜の量が増え、メタンガスの増加につながり地球温暖化にもつながります。

食料問題と水問題

家畜を育てるには大量の水と餌が必要になります。

例えば家畜を1キロ太らせるために1キロの数倍から数十倍もの穀物数千倍ものが必要です。

食料と水不足による餓死で毎年世界で多くの方が亡くなっているのにも関わらず、家畜の方に食料や水が流れている現状です。

今後人口が増え続け、食糧難になる可能性がある為なるべく早く対策をしなければいけません。

動物が苦しむ..

これは当たり前の事ですが、肉を食べるという事はその動物の命をいただいているという事です。

普段何気に食べていますが、改めて考えてみるとわざわざ肉を食べなくてもいいのではないかと思います。

飲食店でアルバイトをしていた時、客が残した食べ残しや廃棄を思い出すと更に胸が痛みました。

命をいただいているのにそれを普通に残す。
それをなんとも思わない人たちがいるのに少しショックを覚えました。

今後も継続!

野菜を中心とした食生活をこれからも続けて行こうと考えています。

慣れてきたら簡単で美味しい野菜レシピでも紹介しようかなと思います!

Amazonで写真集販売中!!
読み放題対応
自然の4K動画とVR動画を
YouTubeで見る