暗号資産・ブロックチェーン

【100円からビットコインを積立】bitFlyerやCoincheckで始める

暗号資産を買ってみたいけど、購入タイミングがわからない。
暗号資産は株式投資と比べると値段の変動が激しく、購入タイミングを見極めるのがとても難しいです。

ビットコインはデジタルゴールドと呼ばれるほど価値が高くなっており、アメリカの大企業もビットコインを会社のポートフォリオとして入れ、「マイクロストラテジー」は10万枚以上保有してます。
他にもエルサルバドル政府やAppleのティム・クックCEOなども暗号資産を購入しています。

この記事で分かる事

  • ビットコインで資産価値を保てる事
  • 積立してビットコインの購入平均額が下がり、より良い結果に
  • 100円からでも積立できる

これから初心者が暗号資産(仮想通貨)を始めるのにおすすめな方法はビットコインを積立して少しづつ増やすことです。
「卵を一つのカゴに盛るな」とあるように、ビットコインをポートフォリオとして入れることでカゴを一つ増やすことができます。

ビットコインの積立のメリットとデメリット、積立に対応している仮想通貨取引所を紹介します。

暗号資産・ブロックチェーンに触れると...

予測が難しい未来の資産、経験、知識に分散投資できます。

ビットコインの積立とは?

純金や投資信託だけでなく、ビットコインも積立で購入できます。

積立で購入する最大のメリットは、購入タイミングが毎回同じなので購入平均価格を下げる事ができます。

つみたて 単発購入
タイミング 毎日、毎週、毎月 自分のタイミング
購入価格 購入平均価格を下げられるため、成果を感じやすい タイミングによって大きく成功したり失敗する
状態 放置できるほど気にならない 常に価格が気になって集中できない

購入平均価格を下げる事で、ビットコイン価格が上昇した時により多くの利益を生み出すことができます。

デジタルゴールドと呼ばれる理由

ビットコインは2100万枚が上限で、2100万枚以上になることは絶対にありません

純金は埋蔵量に上限があることから資産になるといわれ、有事の金として資産の一部を純金に変えている方も多くいます。
ビットコインも上限が決められていることから希少性が高くなり、デジタル上のゴールドとして呼ばれるように。

純金とビットコインは上限が決められているため価値を保つことができ、ビットコインは支払いや送金にも対応しているので、純金より活用できる場面があります。
給料をビットコインで支払う組織なども出てきており、ビットコインをより多く保有しようとする動きが見られます。

ビットコインを早い段階で購入していたら

下記Twitterアカウントは、2020年のゴールデンウィークぐらいに行われた10万円の給付金でビットコインを購入し、そのビットコインが現在日本円でいくらになっているかを毎日投稿しているアカウントです。


2021年の終わりに入り8倍の80万円ほどになっています。

ビットコインの価格推移の歴史
1BTCあたり
(1月付近)
2008 BTCの論文がサトシナカモト氏によって公表される
2009 最初のブロック「Genesis Block」が生成される
2010 0.07円
2011 70円
2012 70円
2013 4,500円
2014 1万8,000円
2015 3万2,000円
2016 5万円
2017 12万円
※年末は200万円を超えた
2018 110万円
2019 87万円
2020 52万円
※給付金が配られた年
2021 330万円
最高高値780万円付近を更新
2022 450万円
※進行中

これまでのビットコインの価格推移です。
皆さんが知っているビットコインはおそらく40万円以上だと思いますが、最初は1円にも満たないものでした。

2021年現在はビットコインの保有者は15%もないことから、これから普及率が高くなれば価格も上昇するのではないかと推測しております。

ビットコインを保有することによるメリットとデメリット

僕はbitFlyerでビットコインを積立していますが、毎月コツコツ購入したことでビットコインの価格急上昇の波に何回も乗ることができました。

メリット デメリット
タイミング 平均購入価格を下げられる ここぞという時に勝負できない
成果 勝率を上げやすい 一発勝負と比べると少ない
気分 感情の上げ下げが少ない 大きな変動で精神的疲労がある

ですが、2021年現在もビットコインの価格変動が激しい事や、暗号資産の規制、暗号資産自体を一部認めない国もあり問題点はいくつかあります。
そんなデメリットを持ちながらも僕がビットコインをポイント交換や積立して少しでもビットコインを増やす理由を紹介します。

ビットコイン積立のメリット

ビットコインは価格変動がいまだ激しい為、積立購入することでリスクを抑えることができます。

積立購入のメリット

  1. 平均購入価格を抑えることができる
  2. 購入タイミングで迷わない
  3. 心理が入りにくい

積立の購入は毎月決められた時間に決められた金額分購入するので、価格が高いときは少なく価格が低いときはより多く購入できます。
また価格変動の激しいビットコインの購入タイミングを見極めるのは難しいので、購入タイミングを逃す事がなくなります。

上記二点の点を抑えてビットコインをコツコツ購入すると心理が入りにくくなり、冷静な判断ができるようになります。

積立のデメリット

積立購入のデメリット

  1. ここぞという時に勝負できない
  2. 長期的ではないと結果が出にくい

積立は毎月決められた日に購入されるので、ここぞという時に購入することができません。
※自分で資金を追加し購入は可能です。

毎月コツコツと購入し続けるので、利益を得るのには時間が掛かってしまいます。

ですが初心者は価格変動の予測が難しかったり、多額の資金でビットコインを購入すると心理的負担に耐えられなくなってしまいます。
よって初心者は最初積立でビットコインを購入するようにしましょう。

ビットコインの積立はどこがいい?(すべて無料で開設)

日本国内にも暗号資産の取引所はたくさんあるので、自分に合った取引所を探してみましょう。

Coincheck bitFlyer
銀行 地方銀行でも自動振り替えがある
※振替手数料無料
bitFlyer口座に日本円が入ってないとだめなので、銀行側で自動振り込みなど使用しましょう
※手数料は銀行による
最低金額 10,000円 1円
タイミング 毎月 1 回(日付選択自由)
毎日購入プラン
毎日 1 回
毎週 1 回
毎月 2 回( 1 日と 15 日)
毎月 1 回( 1 日から 28 日までを指定)

海外の取引所の方が暗号資産の種類が豊富ですが、日本の取引所経由でビットコインを送金する必要があるので日本の仮想通貨取引所を作っておきましょう。

コインチェックでビットコインを積立してみた

コインチェックは地方銀行の口座を登録して、毎月積立分だけ自動で振込もしれくれます。
僕は横浜銀行を登録して積立設定したことがあります。

積立
最低金額
1万円
購入頻度 毎月 1 回(日付選択自由)
毎日購入プラン
対応通貨
※17種類
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサ)
ETC(イーサリアムクラシック)
LSK(リスク)
FCT(ファクトム)
XRP(リップル)
XEM(ネム)
LTC(ライトコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
MONA(モナコイン)
XLM(ステラルーメン)
QTUM(クアンタム)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
IOST(アイオーエスティー)
ENJ(エンジンコイン)
OMG(オーエムジー)
PLT(パレットトークン)

コインチェックでは最低金額1万円から暗号資産の積立ができます。
最低購入金額が1万円なので、初心者にはハードルが高いかもしれません。

Coincheckでビットコインをつみたてしてみた

僕も試しに一回だけ積立してみました。

僕も金がない新卒時代は毎月1万円も投資できませんでしたが、コインチェックは他にも「Coincheckでんき」「Coincheckガス」のサービスを展開しているので、他のサービスも利用したい方にはおすすめの取引所です。

コインチェックは積立までの設定がとても簡単にできます。

Coincheckの登録はこちら!

コインチェック電気とガスを契約してビットコインを貯める

【Coincheck電気・ガス】ビットコインが毎月付与された

ビットフライヤーでビットコインを積立してみた

ビットフライヤーは毎月数百円から積立できる初心者におすすめの取引所です。
僕も実際に開設していますが、少額で様々な暗号資産を購入できるのが魅力的です。

積立
最低金額
1円
購入頻度 毎日 1 回
毎週 1 回
毎月 2 回( 1 日と 15 日)
毎月 1 回( 1 日から 28 日までを指定)
対応通貨
※14種類
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサ)
XRP(リップル)
DOT(ポルカドット)
XTZ(テゾス)
XLM(ステラルーメン)
XEM(ネム)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
ETC(イーサリアムクラシック)
LTC(ライトコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
MONA(モナコイン)
LSK(リスク)
LINK(チェーンリンク)

ビットフライヤーは1円から始められるので、初心者に一番おすすめの取引所です。

bitFlyerでビットコインをつみたてしてみた

ビットフライヤーは数百円からもできるのでおすすめです。
僕のメインはビットフライヤーで積立をしています。
※メインなので一部隠してます。

また、Tポイントをビットコインに交換するサービスもあるので、Tポイントを普段使用する方にとっては相性の良いサービスです。
最近はビットフライヤーからビットコインが貯まるクレジットカードが発行されているので、気になる方はそちらも合わせて確認してみてください。

bitFlyerの登録はこちら!

僕が一番おすすめする仮想通貨取引所です。

【楽天・Tポイントの使い道はポイント投資】ビットコインに交換してみた

実際に僕もTポイントをビットコインに交換しており、100ポイントから交換できます。

積立でリスクを抑えて、失敗率を下げましょう

1ヶ月失っても怖くない金額でビットコインを貯め続ければ、数年後ある程度ビットコインが貯まります。

暗号資産に詳しくない方は、ビットコインもしくはイーサくらいにしておきましょう。

くれぐれも目先の利益を考えて無理な購入をしないように、毎月少しづつビットコインを購入しましょう。