SNS・YouTube

【暗号資産の管理】ウォレットを分散させてビットコインのリスク管理

以前紹介した、無料でビットコインを貯める方法を実践し、中にはある程度ビットコインが貯まった方もいるかもしれません。

【無料で増やす】ビットコインをタダでもらえるサービスを紹介

ある程度ビットコインが貯まってきたら、管理方法を見直す必要があります。

今回はビットコインを管理する方法を紹介します。

ビットコイン(暗号資産)の管理方法は大きく分けて二つ

暗号資産の管理方法は大きく分けて二つあり、ホットウォレットとコールドウォレットが存在します。

それぞれ大きな特徴があり、ホットウォレットは利便性に長けており、コールドウォレットはセキュリティ面で長けています。

ホットウォレット

ホットウォレットは常にウォレットがネットに繋がっている状態のウォレットで、早急に取引するのに向いているウォレットです。

ホットウォレットはどんなウォレット?

  1. ウェブウォレット
  2. モバイルウォレット
  3. デスクトップウォレット

ビットコインなどの暗号資産はネット上でのやりとりのみ可能なので、ネットに接続している状態でないと取引はできません。

ネットに24時間繋がっているので、ハッキングリスクもあり、仮想通貨が流出してしまう可能性があります。

実際に僕もコインチェックでNEMが8,000円分流出してしまいました。
返金はされましたが、もし多額の仮想通貨を購入し、返金がなかったらと思うとゾッとします。

それからはbitFlyerをメインに使用しています。

コールドウォレット

コールドウォレットはネット環境に繋がってないウォレットです。

コールドウォレットはどんなウォレット?

  1. ハードウェアウォレット
  2. ペーパーウォレット

その為早急な取引には対応できませんが、ネットに繋がっていないのでセキュリティ面はホットウォレットよりかは安全です。

コールドウォレットは暗号資産を長期的に保有したい方におすすめの管理方法です。

ウォレットを分散させよう

ホットウォレットとコールドウォレットを紹介しましたが、暗号資産を管理する上でとても大切なことは分散させて管理することが大切です。

そこで先ほど紹介したウォレットをさらに細かく紹介していきます。

ウェブウォレット

ウェブウォレットは常にネット環境に繋がっているので、いつでも取引が可能です。

メリット ログインできればどの端末でも取引できる
デメリット 不正ログインで資産を失うことも
Blockchain.info
MyEtherwallet
仮想通貨取引所など

モバイルウォレット

モバイルウォレットはスマートフォン内に暗号資産を保管するので、取引所が破綻しても暗号資産を守ることができます。

また、機内モードにすることでコールドウォレットにすることもできます。

メリット 持ち運びができる
支払いがスムーズ
デメリット スマホが壊れたら取り出せなくなる
Ginco
BRDビットコインウォレット
Copay
Bread

デスクトップウォレット

パソコン内にウォレットをインストールして仮想通貨を管理できます。

Wi-FiをOFFにするとコールドウォレットとして管理できます。

メリット オフラインで管理すればセキュリティが高まる
デメリット パソコンが壊れたら取り出せなくなる
Electrum
Copay
Bitcoin Core

ハードウェアウォレット

USBメモリのような形をしているウォレットで、パソコンからハードウォレット内に暗号資産に移動できます。

また、常にオフライン環境なので、ハッキングリスクが大幅に低下します。

メリット 完全オフラインなのでハッキングリスクが低い
デメリット 無くした場合は復旧できない
Ledger NanoS

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは紙に秘密鍵を記載して管理する方法なので、故障リスクがありません。

ですが髪の劣化による文字が見えなくなるリスクもあります。

メリット 紙に暗号を記載して管理するので、故障するリスクもない
デメリット インクが消えたり、破れたりすると、暗号が分からなくなる可能性が
bitaddress.org

分散させてリスクを減らそう

管理方法は様々ありますが、一つに絞らず複数利用して分散させると何かあった時にリスクを抑えることができます。

最近は仮想通貨取引所もコールドウォレットを採用しており、僕が普段使用しているbitFlyerでは全体の80%をコールドウォレットに保管しています。