English Blog
投稿日
更新日

【セキュリティ対策】暗号資産取引所を複数開設して分散させる

暗号資産を無料で始めた方も継続していると、ビットコインなどの管理に迷い始めると思います。

結論から言うと、暗号資産は複数の場所で管理するのが一番リスクが低いです。

この記事で分かる事

  • ビットコインを分散させて管理する事の大切さ
  • 暗号資産の分散方法
  • 取引所は無料で開設できる
  • CoincheckとbitFlyerの口座開設方法

そこで今回は暗号資産の管理方法など紹介します。

ビットコイン(暗号資産)の保管方法は大きく分けて二つ

暗号資産の管理方法は大きく分けて二つあり、ホットウォレットとコールドウォレットが存在します。

ホットウォレット コールドウォレット
状態 常にネットに接続 ネットから完全に隔離された状態
セキュリティ ハッキングリスクあり ホットウォレットよりさらに安全
使用例 取引所ウォレット
ウェブウォレット
ソフトウェアウォレット
取引所ウォレット
ハードウェアウォレット
ペーパーウォレット

それぞれ大きな特徴があり、ホットウォレットは利便性に長けており、コールドウォレットはセキュリティ面で長けています。

ホットウォレット

ホットウォレットは常にウォレットがネットに繋がっている状態のウォレットで、早急に取引するのに向いているウォレットです。

ホットウォレットはどんなウォレット?

  1. ウェブウォレット
  2. モバイルウォレット
  3. デスクトップウォレット

ビットコインなどの暗号資産はネット上でのやりとりのみ可能なので、ネットに接続している状態でないと取引はできません。

ネットに24時間繋がっているので、ハッキングリスクもあり、暗号資産が流出してしまう可能性があります。

実際に僕もコインチェックでNEMが8,000円分流出してしまいました。
返金はされましたが、もし多額の暗号資産を購入し、返金がなかったらと思うとゾッとします。

それからはbitFlyerをメインに使用しています。

コールドウォレット

コールドウォレットはネット環境に繋がってないウォレットです。

コールドウォレットはどんなウォレット?

  1. ハードウェアウォレット
  2. ペーパーウォレット

その為早急な取引には対応できませんが、ネットに繋がっていないのでセキュリティ面はホットウォレットよりかは安全です。

コールドウォレットは暗号資産を長期的に保有したい方におすすめの管理方法です。

ウォレットを分散させよう(上級者向け)

ホットウォレットとコールドウォレットを紹介しましたが、暗号資産を管理する上でとても大切なことは分散させて管理することが大切です。

そこで先ほど紹介したウォレットをさらに細かく紹介していきます。

ウェブウォレット

ウェブウォレットは常にネット環境に繋がっているので、いつでも取引が可能です。

メリット ログインできればどの端末でも取引できる
デメリット 不正ログインで資産を失うことも
Blockchain.info
MyEtherwallet
仮想通貨取引所など

モバイルウォレット

モバイルウォレットはスマートフォン内に暗号資産を保管するので、取引所が破綻しても暗号資産を守ることができます。

また、機内モードにすることでコールドウォレットにすることもできます。

メリット 持ち運びができる
支払いがスムーズ
デメリット スマホが壊れたら取り出せなくなる
Ginco
BRDビットコインウォレット
Copay
Bread

デスクトップウォレット

パソコン内にウォレットをインストールして暗号資産を管理できます。

Wi-FiをOFFにするとコールドウォレットとして管理できます。

メリット オフラインで管理すればセキュリティが高まる
デメリット パソコンが壊れたら取り出せなくなる
Electrum
Copay
Bitcoin Core

ハードウェアウォレット

USBメモリのような形をしているウォレットで、パソコンからハードウォレット内に暗号資産に移動できます。

また、常にオフライン環境なので、ハッキングリスクが大幅に低下します。

メリット 完全オフラインなのでハッキングリスクが低い
デメリット 無くした場合は復旧できない
Ledger NanoS

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは紙に秘密鍵を記載して管理する方法なので、故障リスクがありません。

ですが髪の劣化による文字が見えなくなるリスクもあります。

メリット 紙に暗号を記載して管理するので、故障するリスクもない
デメリット インクが消えたり、破れたりすると、暗号が分からなくなる可能性が
bitaddress.org

取引所を分散させよう(初心者向け)

僕は7個の取引所を開設していますが、維持費や利用料は一切かかりません

完全に無料で利用できる取引所がほとんどなので、たとえ利用しない可能性があっても放っておけば大丈夫です。
暗号資産取引所は取引する時の手数料などで利益を出しています。

無料で開設できる国内の仮想通貨取引所

  • コインチェック(コインチェック電気・ガスを契約すると、ビットコインが貯まるサービスがあります)
  • Bitgate:ドットマネーをビットコインに交換できます
  • bitFlyer(Tポイントをビットコインに交換できます)

【ビットコイン】おすすめの暗号資産取引所9社を比較

5,000円くらい入金しておけば、購入チャンス時に購入できます。

一つだけ開設 複数開設
リスク 破綻したら一部だけ補償 資産の一部だけ消えるが、
消えた一部は補償
メリット 管理が楽 各取引所のサービスが使える
デメリット 不正ログインで全部抜かれる可能性 管理が大変

僕はNEMが例の不正流出で盗まれてしまいましたが、もしも暗号資産取引所を分散させておけば一部の暗号資産で済んでいました。
後で補償はされましたが、取引所によっては補償の上限が決まっているので、分散させておく方が何かあったときに安心です。

コールドウォレットを無くしてしまうと保証はありませんが、取引所保管しておいてハッキングなどで盗まれた場合は補償があります

実際に盗まれた後は僕の管理方法が甘かったと反省しました。

取引所は複数開設してビットコインなどの暗号資産を分散させておいてください。

実際に複数開設して感じたこと

僕は実際に5個の取引所を開設していますが、一つだけ全く使わないでパスワードを忘れた口座もあります。
そんな僕が実際に取引所を複数開設して感じたことを紹介します。

サービスでビットコインが結構貯まった

先ほども軽く紹介しましたが、各取引所で様々なサービスを取り扱っています。
ビットコインは価格変動が激しいため、心理が強く入ってしまいますが、ポイントなど無料のサービスであれば思い切って運用できます。

例えば一万円だけを最初に購入し、一万円より下がったらポイントをビットコインに交換し続けてもいいかもしれません。
できるだけお金をかけずにビットコインを購入し、まずは慣れてみましょう。

【無料】ビットコインをもらう方法10選

上記記事では他の無料でビットコインを獲得できるサービスを紹介しています。

テスト用の取引口座としても使えた

僕は100円単位で取引の練習をした際、普段利用していない取引所を開設しました。
謝って全てのビットコインを売らないようにする為や、自分の成果をしっかり確認する為です。

他にもプログラムを組んで自動売買ツールを作りたい方や、定期的にビットコインなどの価格を取得するプログラムを作りたい方はAPI発行専用の口座としても利用できます。

APIが他の人に知られると、IDトパスワードがなくても売買できるので、試しにやる場合はサブの口座でAPIを発行しましょう。

誰かに見せる時や、内緒がバレる時はサブの取引所を見せる

誰かに見せてほしいと頼まれた際や、家族などに内緒にしているのがバレた際に見せるための取引所を開設しておくのもいいかもしれません。
証券口座もですが、他人にあまりどこの取引所を使っているのか教えるのはリスクなので、メインの取引所は絶対にバレないようにしましょう。

僕も分散はさせてますが、メインの口座はこのブログやSNSで公開していません。

暗号資産取引所を開設する際の注意点

暗号資産取引所を開設した際の注意点を紹介します。

パスワードを取引所ごとに変える

暗号資産取引所を複数開設してもメールアドレスやパスワードを変えないと、一つ不正ログイン発生したら他の奴も不正ログインで資産を抜き取られてしまうかもしれません。

少し面倒だとは思いますが、暗号資産取引所のパスワードはすべて違うものにしましょう。

使っている取引所はあまり言わない

一つや二つだったらいいかもしれませんが、すべての取引所を伝えると攻撃の対象になってしまいます。

SNSに利用しているアカウント名や誕生日、名前など様々な方法でパスワードを探ってきます。
日本の暗号資産取引所の種類もかなり増えてきたので、どの取引所が使われているか分からないだけでもセキュリティ対策になります。

取引所間で送金をあまり行わないように

取引所を複数開設していると、保有資産のバランスが悪くなってしまいます。

だからと言って送金してしまうと手数料がかかってしまうので、送金するのは一年間に一回とかにしましょう。

二段階認証を必ず設定する

仮想通貨取引所には二段階認証の設定ができるので、必ず設定しましょう。

二段階認証しておけばパスワードとIDが不正流出しても、不正ログインを防げます。

公共のWi-Fiを利用しない

公共のWi-Fiでは不特定多数の方が利用しており、接続している人の通信内容を傍受できます。

特に危険なのは、公共のWi-Fiに接続しながらパスワードとIDを入力する行為です。

公共のWi-Fiはなるべく利用しないようにしましょう。

分散させてセキュリティ対策を使用

管理方法は様々ありますが、一つに絞らず複数利用して分散させると何かあった時にリスクを抑えることができます。

最近は仮想通貨取引所もコールドウォレットを採用しており、僕が普段使用しているbitFlyerでは全体の80%をコールドウォレットに保管しています。