暗号資産・ブロックチェーン

貯まったビットコインはどうやって使えばいいのか【国内・海外】

僕は今までビットコインをなるべく低リスクで貯める方法ばかりを紹介してきましたが、一体貯めた仮想通貨はどうやって使えばいいのかと疑問に思う方がいるかと思います。

【無料でビットコイン】クレジットカード、ポイント交換、サービス契約、アンケート回答でもらえる

そこで今回は仮想通貨を(主にビットコイン)を利用できる場所やサービスを紹介します。

暗号資産・ブロックチェーンに触れると...

予測が難しい未来の資産、経験、知識に分散投資できます。

ビットコインを使う方法

ビットコイン決済はあまり聞きなれないWordだと思いますが、日本国内でも少しづつ利用できる場所やサービスが増えています。
一時日本は仮想通貨大国とまで呼ばれていましたが、現在はアメリカに抜かされ、アメリカでは日本より多くの場所で仮想通貨を利用できます。

そんなこと言ってもしょうがないので、ビットコインの使い道の参考にしてみてください。

国内のオンラインサービス

2021年現在日本国内のオンラインサービスでビットコインを利用できるサービスは思ったより増えていないのが分かります。

ビットコインが使えるオンラインサービス

他にもビットコイン支払いを利用できるサービスはありますが、皆さんが知っているような有名企業は上記2社くらいでしょうか。

実際にbitFlyerのビットコインを利用できるサービスを確認してみましたが、対応している商品やサービスはあまりないようです。
bitFlyerが頑張っても、商品やサービスを提供している企業が対応しなければ意味ないという事でしょうか…?

家電量販店

国内のお店は個人で経営しているお店や、数店舗出しているチェーン店とかでした。
その中でも大手家電量販店は全国にあるので、ビットコインで支払えます。

ビットコインが使える家電量販店

bitFlyer以外の口座でも支払いはできると記載はされていますが、bitFlyerの口座がスムーズに決済ができます。

電気・ガス代の支払い

なんと公共料金の支払いもビットコインで支払えます。

ビットコインが使える電力会社

  • Coincheck
  • ニチガス

Coincheckは日本の仮想通貨取引所なので、口座を開設してあれば簡単に手続きを進められます。

コインチェック電気とガスを契約してビットコインを貯める

【Coincheck電気・ガス】ビットコインが毎月付与された

ニチガスは支払いページから入金アドレスが表示されるので、ビットコインを保有しているウォレットからニチガスのアドレス宛に送金しましょう。

イーサに交換してNFTアートを購入

せっかくビットコインを貯めたので、仮想通貨に関するサービスを受けてもいいかもしれません。

最近だとNFTアートの売買が人気になっており、NFTアートは基本的にはイーサで購入します。イーサは国内の仮想通貨取引所でほとんど取り扱っているので、ビットコイン建てでイーサを購入してMetaMaskに送金しておきましょう。

NFTはデジタルデータに対して唯一無二の価値を保証してくれるので、お金持ちが家に絵画を飾るようなものをNFT上でできます。

ビットコインを貸出して利息でさらに増やす

皆さんは銀行で定期預金をしたことがあるでしょうか?
銀行で定期預金しても0.001%とかで、利息が数百円程度にしかなりません。

ビットコインなどの仮想通貨でも貸出でき、日本国内の取引所だとCoincheckで貸し出しができます。
仮想通貨は1%~5%くらいの利息が振り込まれるので、10万円分の仮想通貨を貸出しても数千円になります。

貸し出しする際の注意点

貸出せずに保有したままにしておけば、取引所が潰れてしまったりハッキングにより流出しても一定額は保証してくれます。

ですが貸出の場合だと保証してくれない場合もあり、全額なくなってしまうリスクもあります。

貸し出しをする際は保有している仮想通貨の数%程度にしておくのがおすすめです。

いくら無料で貯めたビットコインでも、一瞬でなくなってしまうのはもったいないので分散させておきましょう。

資産として貯めておき、使用しない

僕は貯めたビットコインを資産として貯めておき、数十年はbitFlyerに寝かせておくつもりです。

ビットコインは2100万枚以上増やせないことから資産価値を保つことができたり、現在も仮想通貨に関するインフラが十分に整ってないことから、これからさらに価値が高まると推測しております。

【100円からビットコインを積立】bitFlyerやCoincheckで始める

上記記事ではビットコインを保有しておくことのメリットについて触れてます。

貯める際の注意点

ビットコインなど仮想通貨を貯める際は、保管方法には十分注意してください。
ビットコインはコールドウォレットに保管している取引所を選んでいるからと言って、必ずしも安全とは限りません。

【暗号資産の保管方法】ウォレットを分散させてビットコインのリスク管理

特に必要なことは仮想通貨を複数の保管場所に分散させることなので、国内の取引所も複数用意しておきましょう。

海外では仮想通貨がどのくらい使用できるの?

先ほどは国内で仮想通貨が使える場所を紹介しましたが、次に海外で使える場所を紹介します。

アメリカ

とりあえずアメリカを比較すると進み具合が分かると思います。

アメリカでビットコインが使える場所

  • テスラ(Tesla)
  • スターバックス
  • ホールフーズ
  • AT&T
  • Expedia.com-Expedia

コカ・コーラ・アマティル(Coca-Cola Amatil)が販売している飲料水は、オーストラリアとニュージーランドで仮想通貨支払いに対応している自動販売機があります。

ベネズエラ

最新の技術を取り入れる国でベネズエラは見逃せません。

ベネズエラでビットコインが使える場所

  • バーガーキング(Burger King)
  • ケンタッキーフライドチキン(KFC)
  • ピザ・ハット(Pizza Hut)

エルサルバドル

エルサルバドルは国の法定通貨としてビットコインを購入しており、2021年の年末下落時にも買い増しをしており本気を感じられます。

政府はビットコインの購入だけではなく、ビットコインのデザインを使った商業施設や空港を作り、ビットコイン都市を作ると発表しております。

仮想通貨のインフラはこれから

仮想通貨を使用で切るお店やサービスを紹介してきましたが、インフラはまだまだだと感じます。
一部の著名人や大企業、政府がすでに購入していることから、これからさらに便利な決済手段として普及されることが推測できます。

ビットコインを海外旅行で利用できるようになれば、両替した時の手数料が発生しないので、外貨が余ってしまう事もなくなる未来が来るかも。
仮想通貨は現段階で受け入れられないと感じる方も多くいるかと思いますが、徐々に浸透してくると僕は思います。