初回入金で最大4,000ドル相当のボーナスがもらえる!(2022年7月24日19:00~8月31日19:00)
投稿日:
更新日:

【なぜ下落する?】ビットコインの買い時はいつ?

「ビットコインの変動幅が激しいから買い時が分からない」「いつ買えば利益出るの?」と思う方もいると思います。

この記事では変動の激しいビットコインの買い方を紹介します。

実際に僕もこの記事の方法を実践しただけで、買い時を逃すことは無くなりました。

この記事で分かる事

  • ビットコインの買い時
  • 暴落する時の特徴
  • おすすめの購入方法

この記事を読み終える頃にはビットコインの購入タイミングがわかるようになります。

ビットコインの買い時はいつ?

ビットコインの買い時は安い時

ビットコインの価格変動は激しく購入タイミングを見計らうのは難しいです。

とはいえ、しっかりビットコインの購入タイミングを把握しておかないと、同じ金額でも購入できる枚数が大きく変わってきます。

どうせ購入するなら安い時により多くビットコインを購入したいですよね。

ビットコインの価格が下落した時が買い時

一番の理想はビットコインの価格が下落している時に購入すればより多く購入できます。

初心者が参入すると下落相場が怖いと感じてしまい購入しません。ですが投資家はその逆で、下落して安くなる時に購入してます。

逆に初心者は相場が上昇している時に購入を始め、投資家は上昇している時は抑えます。

初心者と投資家は全く逆のことをするので、それを頭に入れておくだけでも変わってきます。

ビットコインも同じ事が言えるので、価格が下落している時に購入しましょう。

価格が上昇してる時は抑えよう

初心者は価格が上昇する相場を見ると、どうしても「もっと上がる!もっと上がる!」と思ってしまいます。

上記のような感じで購入する人が多くいるので、バブルが発生して崩壊します。

投資家は初心者の心理を知っているので、「もうこれ以上上がらないな」と感じた投資家たちは売り出します。

多額の資金を保有している投資家が売ったら安くなるのは当然で、初心者も下落すると恐怖に負けて売ってしまいます。

なので価格の上昇が激しい時ほど購入を控えましょう。

とはいえ理想論で難しい

ビットコインが下落している時に購入し、上昇している時に抑えるのが理想ですが、実際はとても難しいです。

僕もビットコインを購入していますが、自分で購入した時は価格が下落してしまうこともあります。

そんな方におすすめの購入方法は積立です。

暗号資産初心者はビットコイン積立がおすすめ

【1円からビットコイン積立】ブログ管理者おすすめの取引所

コインチェック」や「bitFlyer」は積立の設定が3分くらいで完了します。

ビットコインが下落する時の特徴

ビットコインが下落する時の特徴

できれば暴落前にビットコインを購入したくないと思います。

積立なので意味はありませんが理由を把握しておくだけで、暴落しても冷静な判断ができます。

心理的負担を軽減するためにも、ビットコインが暴落するタイミングを把握しておきましょう。

経済リスク

ビットコインも他の金融資産同様、経済の出来事によって価格変動するようになりました。

なぜ変動するようになったのか、「ビットコインの保有人口が増えた」からです。

保有人口が増えればより大衆心理によってビットコインの価格が変動します。

今後もビットコイン保有人口が増加する事が予測されているので、より経済に連動した値動きが見られるでしょう。

税金のためにビットコインを売却する期間

ビットコインの取引を頻繁に行なっている方は、確定申告のタイミングで一部のビットコインを売却する動きが見られます。

日本では3月に確定申告を終わらせ、支払いはその一ヶ月後くらいです。
アメリカは州によって少し異なりますが、4月に確定申告が行われます。

ビットコインは世界中で取引される通貨なので、海外の確定申告によっても価格変動が発生します。

ハッキングなど悪いニュースが出てきた時

ビットコイン自体はハッキングにあったことはありませんが、取引所がハッキングされたことは過去何件もあります。

ハッキングにより不安を感じた方は暗号資産を売却するので、暗号資産が安くなってしまいます。

ビットコイン以外の暗号資産がハッキングを受けたとしても、暗号資産全体に影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

テレビや雑誌で注目されてる時

テレビや雑誌の注目で購入している層はネットリテラシーが低いので、バブルが崩壊する前と言ってもいいでしょう。

アメリカでは日常的にビットコイン価格が放送されているので問題はありませんが、日本は滅多に話題になりません。

日本では危険なもの扱いされていますが、そんなテレビや雑誌でビットコイン価格について触れたら崩壊寸前です。

暗号資産の最新情報はTwitterが豊富で、テレビなどでは十分に情報を受け取れません。
そのため、リテラシーが高い層はTwitterで情報を集めています。

ジンクスみたいなもの

暗号資産にはさまざまなジンクスが存在してます。

  • 5月になったら価格が下落する
  • ビットコインが下落したら草コインも下落

他にも様々あると思いますが、なぜかジンクスが存在してます。

特に、特定の期間になると下落してしまう期間が複数あり、ビットコイン投資家は若干警戒してます。

僕自身は全然気にしたことはないので、ジンクスに関してはあまり気にしなくても大丈夫でしょう。

ビットコインの買い時を見極めるのは難しい

ビットコインの購入タイミングを見極めるのは難しい

ビットコイン価格が下落してしまう要因は数えきれないほどありますが、これらを全て把握するのはとても難しいです。

なのでビットコインを購入する方は自分で売り買いせず、積立でコツコツ積み立てるのが一番です。

積立をしても売却しては意味がないので、下落しても売らない事が重要です。

積立でビットコインの買い時を逃さない

積立は毎月自動でビットコインを購入してくれるので、初心者でも参入できます。

  • 積立は毎月同じ金額を購入し続ける
  • 安い時は多く購入できる
  • 高い時は少ない

積立はあらかじめビットコインを購入する金額を決めるので、心理が入ることはありません。

暗号資産初心者はビットコイン積立がおすすめ

【1円からビットコイン積立】ブログ管理者おすすめの取引所

例えば5,000円に設定した場合、ビットコインが500万円だと「0.001BTC」ですが、ビットコインが100万円だと「0.001BTC」購入できます。

キャンペーン開催中の暗号資産取引所
  • コインチェック:はじめての入金で1,500円相当のビットコインがもらえる(9/30 まで)
  • Bybit:はじめての入金で最大4,000ドル相当のボーナスがもらえる:(8/31 19:00まで)
  • BITPOINT:登録で3,000円相当のディープコインがもらえる(8/31 16:00まで)

このように積立をすれば日本円は変わりませんが、ビットコインの購入平均金額を下げられるので成果を出しやすくなります。