YouTubeに360°カメラで撮影したVR動画を公開中!!

【1人当たり0.0021BTC??】ビットコインは何枚持てるのか 

ビットコインには発行上限枚数が決められているので、安い時にたくさん購入しておかないと、将来的に購入するのが難しくなってしまいます。

人口がこれから増えれば増えるほど、ビットコインの争奪戦が始まるかもしれませんが、一人当たりどのくらい保有できるか気になりませんか?

今回はファクトフルネスの情報に基づいて、ビットコインをどれだけ保有できるのかを分析してみました。

楽天でファクトフルネスを見る」「Amazonでファクトフルネスを見る
この記事で分かる事
  • ビットコインの枚数は有限
  • 一人当たり1枚も保有できない
  • やすい時に買うべき

ビットコインの上限枚数は2100万枚

ビットコインとはサトシナカモトさんが作成したと言われている暗号資産で、ブロックチェーンと呼ばれるシステムによって成り立ってます。

プログラムによって発行上限枚数が2100万枚と決められているので、今後それ以上増えることはありません。

もしくは別記事で紹介してるので、そちらご覧ください。

すべての人口が平等にビットコンを保有したら

ファクトフルネスの情報によると将来的に人口は100億人から120億人程度で収まると言われてます。

人口一人当たりのビットコイン保有数
100億人0.0021BTC
110億人0.0019BTC
120億人0.0017BTC
130億人0.0016BTC

ビットコインの一部は無くなっている

ビットコインは自分で管理することはできますが、その管理しているハードディスクなどを捨ててしまうとそのぶんのビットコインがなくなってしまいます。

実際に数千枚のビットコインを保有していた人は、当時ビットコインの価値があまり高くなかったため、そのまま捨ててしまった人がいます。

このようにビットコインが一部はなくなっているので、ビットコイン全てが市場に回るわけではありません。

実際よりもっと少ない量で考えるのが妥当です。

価格が上昇すればより購入ハードルが高くなる

ビットコインは現在300万円程度の価格を推移してますが、将来的に1000万を軽く超えると予測されてます。

なかには1億円近くの価格になるのではないかと、予測している人までいます。

ビットコインなどの暗号資産市場は成長段階なので、今後何が起こるかは誰にも予測はできません。

安い今のうちに少しでも買っておくと、「あの時買っておけばよかった」後悔をしなくて済みます。

0.0021BTCの価格はいくら?

先ほどの章で一人当たりのビットコイン量を計算しましたが、実際にその量と今の価格を比較してみましょう。

ビットコインは価格変動が激しいので、一年の中でも変動幅が激しいです。

なので、参考程度にしていただければと思います。

2015年

2015年は1BTCあたり3万2,000円だったので、0.0021BTCを保有していれば「67.2円」です。

2020年

2015年は1BTCあたり52万円だったので、0.0021BTCを保有していれば「1,092円」です。

2021年

2021年はビットコインの市場最高高値を記録しました。

最高高値は1BTCあたり780万円だったので、0.0021BTCを保有していれば「16,380円」です。

まずは0.1枚を目標にビットコインを購入しよう

単純計算ではありましたがいかがでしたか。

一人当たりのビットコイン保有率は2022年の現在だと、数万円で購入できます。

どのくらい購入していいのか分からない方は、一人当たり保有できる枚数を考えて購入するのもいいかもしれません。 

٩( ᐛ )وシェアしてくれたら(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ブログもっと頑張れます(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
Yusuke Goto
2017年に暗号資産を始め、様々なコインを買って利益を出すも最終的にはほぼ0円。その時「ビットコインを積立ておけばよかった」と感じ、2019年から長期保有して、利益が5倍以上に。 現在写真家を目指し、YouTubeに360°動画を更新してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA