暗号資産・ブロックチェーン

将来ビットコインなどブロックチェーンを避けて通れない世界に

ブロックチェーン

価格の乱高下を得て何度も注目されたビットコイン。価格の上げ下げの変動幅に「仮想通貨はギャンブルだ」と思う方もいるかと思います。
確かに株式と比べると想像できないような変動を何回もしており、投資先としては少し不安が出てくると思います。

この記事で分かる事

  • これから暗号資産と共存
  • ブロックチェーンが様々な場面で利用される

ですがビットコインなどの仮想通貨がこれから生活の一部として成り立ち、将来は仮想通貨やブロックチェーンの技術によって僕たちの身の回りのサービスがより便利になると推測しております。

そこで今回はビットコインやブロックチェーンが将来的に避けて通れない世界になっていることを紹介できたらと思います。

暗号資産・ブロックチェーンに触れると...

予測が難しい未来の資産、経験、知識に分散投資できます。

将来的にビットコインなど仮想通貨が身の回りに

ビットコインなどの仮想通貨が今後より身近な存在になると思っています。便利なものはもちろん、既存の法定通貨で足りないものは仮想通貨でカバーできます。
法定通貨がダメかというと言い切ることはできず、法定通貨にもその良さがあります。

用途
NFT デジタル作品に価値をつけ、クリエイターを保護
メタバース 世界中どこにいてもライブ、遊び、仕事ができる
暗号資産 国際送金を簡単に

僕個人としては仮想通貨が普及しても法定通貨がなくなると思っていませんが、法定通貨の形がデジタルにもなるのではないかと思っています。
ビットコインが僕たちの生活に溶け込む理由を紹介します。

大企業のポートフォリオとして購入

皆さん投資信託を購入していますか?
バランス型だったり、アメリカや日本株に投資しているのであれば間接的にビットコインを関係があります。

アメリカのマイクロストラテジーやテスラ社、日本は上場しているネクソン社が会社単位でビットコインを保有しています。
企業単位でも仮想通貨を購入する流れがやってきているので、投資信託で引用している一部の資金は仮想通貨に関係しているとも考えられます。

メタバース

メタバースを利用してみると思った以上にバーチャル空間でリアルな世界を再現できていることに驚きました。さらにメタバース空間では実際に近くにいる人とだけ会話できるので、今後テレワークでメタバース空間が使用されると推測しています。

なぜテレワークでメタバースが利用されるのか。

会社専用のメタバース空間を用意し、社員全員がそこに参加して仕事を進めることでzoomよりさらにリアルな会議ができます。
zoomでも問題ないと思われますが、近くにいる人のみ声が聞こえるので、同じ空間でも複数個所で会議ができます。
なのでわざわざzoomの接続を切って、また新しいルームに参加しなくても大丈夫です。

仕事で契約をする際や、メタバース空間でアートなど購入する際は仮想通貨を用いて購入します。

【cluster】スマホでメタバースを体験してみました

【Decentraland】パソコンでメタバースを体験してみた

デジタル通貨

法定通貨をデジタル化する動きが見られます。
中央銀行が発行するデジタル通貨をCBDCとも呼ばれ、現在は実験段階で使われています。

ビットコインは中央集権が無いため、完全に平等な取引ができますが、デジタル通貨は国家によって発行されるため金融緩和などのコントロールが生じます。
とはいえデジタル化することでよりビットコインなど既存の仮想通貨との壁が薄くなるでしょう。

通貨がデジタル化することで移行のコストや使い道方のフォローなど困難なことはありますが、ATMの数を削減できたり偽札による事件を減らせます。

Tポイントとの大きな差はある?

今はTポイントや楽天ポイントなど、企業が発行・管理しているポイントを普通に使用しています。これから経済活動に参加する今の中学生や小学生などは、仮想通貨と企業が発行するポイントに区別をつける必要があるでしょうか?

これから企業がポイントを発行するように簡単に仮想通貨・トークンを発行して、特定のコミュニティで利用できるようになります。
今後はポイントと仮想通貨の区別はあまり必要ないものになるでしょう。

【楽天・Tポイントの使い道はポイント投資】ビットコインに交換してみた

スマホあればATMの必要なし

紙幣やお札などの法定通貨が全てなくなるわけではないと思いますが、デジタル通貨が普及すればATMの数は減るでしょう。

ATMを減らすことで通貨を運ぶコストを減らすことや、キャッシュレス化へとつながります。

無料で開設できる仮想通貨取引所

  • コインチェック:電力・ガス会社を乗り換えると毎月ビットコインが付与されます
  • Bitgate:ドットマネーをビットコインに交換できます
  • bitFlyer:Tポイントをビットコインに交換できます

bitFlyerは100円からでもビットコインを購入できます。

ブロックチェーンが身の回りに

仮想通貨のシステムを支えているのがブロックチェーンと呼ばれるもので、ブロックチェーンは仮想通貨以外のデータの取引も記録できます。

Web3.0とは?

Web3.0とは?IPFSやDappsとブロックチェーンの関係【仮想通貨】

様々なデータの取引に使用

仮想通貨以外のデータも取引でき、病院のカルテや配送データ、電力の使用データなどもブロックチェーン上で管理できます。

その為今後は企業がデータを管理するのではなく、個人間での取引が簡易になります。
個人情報を登録しているブロックチェーンは全員が見れないようにもできますので安心して管理できます。

クリエイターの作品の保護

NFTはブロックチェーン上のシステムによって成り立っており、NFTを活用することでデジタルデータに対して価値を保つことができます。

今までは作品をコピペして複製できますが、NFTを活用することで複製ができなくなります。
サブスクリプションはクリエイターに1再生数円しか入りませんが、NFTでは購入した人のみコンテンツを楽しめます。

NFTとは?

NFTとは?仮想通貨やブロックチェーン、メタバース、ゲームとの関連性

さらに公開できる作品数は50個までと、設定することができるので世にたくさん広めたくない場合でも利用できます。

中央集権化が減る

データの管理やポイントの発行は今まで企業が管理しており、法定通貨も国が管理しています。

ビットコインは中央集権が無いため支配されることはありませんが、これからはデータやポイントなども企業に支配される可能性が減ります。

メタバース空間も企業が運営しているものや、ブロックチェーン上で稼働しているものがあります。

無料で開設できる仮想通貨取引所

  • コインチェック:電力・ガス会社を乗り換えると毎月ビットコインが付与されます
  • Bitgate:ドットマネーをビットコインに交換できます
  • bitFlyer:Tポイントをビットコインに交換できます

多様化したテクノロジーにより便利に

これからはより自分で使いたいお金を選んだり、サービスを利用できます。

中央集権が無くなるシステムがこれからどのように世界を変えていくかは予測が難しいですが、これから経済活動に参加する今の中学生や小学生にはあまり気にならないことだと思います。

いつの時代もある程度新しいテクノロジーに慣れることが大切だと思います。