YouTubeに360°カメラで撮影したVR動画を公開中!!

ビットコインの投資信託が購入できる国とは?

「ビットコインを購入してみたいけど、なんか怖い」と感じるそこのあなた。

朗報です。もしかしたら日本でも数年後に、ビットコインを対象とした投資信託が誕生するかもしれません。

一部の国ではビットコインの投資信託が開始されており、大きな注目を集めてます。

この記事で分かる事
  • ビットコインの投資信託が誕生した
  • 間接的にビットコインに投資してる投資信託もある
  • 少額から購入できる

投資信託でビットコインを購入するメリットや特徴などを紹介していきます。

ビットコインの投資信託とは?

つみたてNISAや iDecoなど運用している方がいると思いますが、それらはすべて投資信託を購入して運用できるサービスです。

投資信託にも様々な種類があり、日本の株に投資するものや、海外の不動産に投資するものなど数え切れないほど種類があります。

その中でも最近海外で注目を集めたのが、ビットコインを対象とした投資信託です。

従来の投資信託の投資対象がビットコインなだけ

日本ではアメリカ株に特化した投資信託がとても人気ですが、 海外ではビットコインの投資信託が注目を集めてます。
早いですね。

仕組みはいたってシンプルで、ビットコインを対象に資産を運用できます。

ビットコインの価格があればあれば利益を出せますし、下落すれば損失を出してしまいます。 

今までの投資信託も間接的にビットコインに関係がある

今までの投資信託がビットコインと完全に無関係かと言うと、そうでもありません。

なぜならアメリカの大企業の一部は、会社のポートフォリオとしてビットコインを購入しているからです。

特に有名なのが「マイクロストラテジー社」や「テスラ社」などで、多額のビットコインを購入。

アメリカ株の投資信託を購入している人は、間接的にビットコインに投資しています。

注目の資産が大手の運用によって管理されるようになる

資産運用する場合証券口座を開設する必要がありますが、有名な証券会社が取り扱えば安心感もあると思います。

ビットコインなどの暗号資産は「bitFlyer」や「コインチェック」で購入しますが、比較的若い会社なので不安に感じる方も多くいます。

ですが、「SBI証券」「楽天証券」など大手で有名な取引所だと安心できると思います。

現在は取り扱っていませんが、暗号資産の取引所も扱っているSBIと楽天は、許可が出れば早いと思います。

ビットコインの投資信託が販売されているところ

日本ではビットコインの投資信託を購入できませんが、海外で購入できる場所もあります。

アメリカ

2021年10月19日にアメリカでビットコインETFが上場しました。

アメリカがビットコインETFを承認したため、期待感が高まり価格が急上昇しました。

カナダ

カナダはアメリカより先にビットコインの投資信託を取り扱っており、初日から1億6500万円が集まりました。

カナダはビットコインのマイニングを暖房にして利用するなど、マイニングに対して積極的な国でもあります。

今後カナダの動きも注目する必要があります。

ビットコインの投資信託でよりお金が集まる

ビットコインを直接購入するのは抵抗があるかもしれませんが、投資信託で購入できるようになるとハードルが下がるので、よりビットコインにお金が集まるようになります。

日本ではまだ購入できませんが、世界的に普及していけば日本でも何ビットコインの投資信託が購入できるようになるかもしれません。

٩( ᐛ )وシェアしてくれたら(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ブログもっと頑張れます(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
Yusuke Goto
2017年に暗号資産を始め、様々なコインを買って利益を出すも最終的にはほぼ0円。その時「ビットコインを積立ておけばよかった」と感じ、2019年から長期保有して、利益が5倍以上に。 現在写真家を目指し、YouTubeに360°動画を更新してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA