暗号資産・ブロックチェーン

【20歳から暗号資産】大学生でビットコインを始める(実体験)

大学生がビットコインを購入

「20歳を超えたから株やビットコインを購入してみたい」「暗号資産でかせいでみたい」と考える大学生もいるかと思います。

この記事で分かる事

  • 僕も大学生の時ビットコインを購入しました
  • 大学生が購入しても問題ない
  • 未来のテクノロジーに触れられる

20歳になると親の同意なしで株式の取引ができたり、暗号資産を購入することも。

僕も20歳になってから日経平均をやったり、21歳の特には暗号資産を購入していました。

今回は実体験と共に、ビットコインなど暗号資産購入をギャンブル化させない方法考え方を紹介します。

暗号資産・ブロックチェーンに触れると...

予測が難しい未来の資産、経験、知識に分散投資できます。

大学生のビットコイン購入がギャンブル化しない方法

株式取引やビットコインなどの暗号資産投資も、やり方を一つ間違えるとギャンブル的な投資になってしまいます。

ギャンブル
(投機)
投資
目的 短期間で増やす 資産の分配
長期的な資産構築
ビットコインの
理解度
あまりよくわかってない ブロックチェーンも含め
理解している状態
価格下落時 焦って売却 冷静な判断ができる

ギャンブル化した投資をすると資産をしっかり構築できないので、注意しましょう。

そもそもギャンブル(投機)とは

ギャンブルの他に投機とも呼ばれますが、短期間の価格変動で多額の資金を、経験もなく取引することを投機やギャンブルと言われています。
他にも定義されている表現が異なるサイトもありますが、ギャンブルや投機は心理的負担が大きく、成功する確率もほんの一握り程度。

根拠がないものにお金を注ぎ込んでいるイメージで問題ないでしょう。

【ビットコインは危険?】暗号資産投資で元本割れや借金するリスクは?

よって株式取引やビットコインなどの暗号資産の取引でも短期間で大金を注ぎ込み、いっぱい稼いでやろうとする行為もギャンブル性の高い方法といえます。

知識を正しく身につける

ビットコインなどの暗号資産の知識を正しくつけることで、ギャンブル(投機)ではなく投資に変わります。
正しい知識を身に付けることで投資の成功確率を上げるだけではなく、大学生を狙った悪質なマルチやネットビジネスから身を守れます。

更に、暗号資産市場は成長段階でもあるので、知識を身に付けることで時代の流れに沿って他の投資以外の手段でお金を生み出せるかもしれません。

知識はあなたを裏切りません。必ずあなたを守ってくれるので、体験しながらも知識を積み上げていきましょう。

僕はビットコインを購入しながら勉強していました。

計画性のある購入

学生とはいえ計画を立ててビットコインを購入するようにしましょう。
僕は学費支払いという呪縛があったので、考えなければいけませんでしたが、そのおかげでリスク許容度がわかるようになりました。

僕が学生におすすめする購入方法は2種類です。

毎月コツコツ派

バイト代の1%をビットコインを購入(もしくはつみたて設定)する。

僕はつみたて派だったので毎月積み立てをしていましたが、遊びたい年頃でもあるので1%で問題ないと思います。
bitFlyerは1万円以下のつみたてにも対応しているので、おすすめです。

遊びまくって後悔している人

一ヶ月の遊ぶ日数を1日だけ減らして、浮いたお金だけでビットコインを購入する。

僕は毎日200円以下のカップ麺を毎日昼飯で食べてた貧乏学生なので、遊びの際もあまりお金は使いませんでしたが、この手法もかなり良い方法だと思います。

いつも帰り道お金使いすぎて後悔してたけど、一回だけビットコインの購入に当てるだけで新しい体験を得られます。
遊びで消えたお金が減ることもありますが、将来的には少し増えているかもしれません。

2日や3日と増やしていくと逆に大学生活に楽しみがなくなるので、1日だけで問題ないと思います。

無料で開設できる暗号資産取引所

  • コインチェック:電力・ガス会社を乗り換えると毎月ビットコインが付与されます
  • Bitgate:ドットマネーをビットコインに交換できます
  • bitFlyer:Tポイントをビットコインに交換できます

bitFlyerは100円からでもビットコインを購入できるので、最初は少額で購入もいいかもしれません。

とにかく大学生のうちは時間がたくさんあるので、未来のテクノロジー暗号資産に触れてみましょう。

大学生もビットコイン(暗号資産)を購入していいのか?

ここまで読んでも、本当に大学生がビットコインを購入していいのか不安になりますよね。

結論から先に言うと全く問題はありませんが、利益が出た場合は税金がかかるのでそこだけは注意してください。
大学生がビットコインを購入しても良い理由を紹介したいと思います。

僕は大学3年生の時に購入しました

僕は大学3年生の時に暗号資産を色々購入しました。

仮想通貨バブルを体験して資産が20倍くらいになりましたが、欲が出て結果1.5倍(2万円)に。
それでもすごい事ですが、それよりも手に入れたのは成功体験です。

バブルに乗る事はとても難しいことで、仮想通貨バブル崩壊で学べたことも多々あります。

未来のテクノロジーを勉強するには良い出費かと

ビットコインなどの暗号資産はブロックチェーンというテクノロジーによって支えられており、この「ブロックチェーンはインターネット依頼の大発明」とも言われております。

今までWeb2.0時代でしたが、ブロックチェーンの発明によりWeb3.0時代へと移行し始めます。

これほどインターネット世界では大きな出来事となっているので、今後はブロックチェーンが知らないところで当たり前のように利用されるでしょう。

イーサという暗号資産のブロックチェーンは、イーサリアムブロックチェーンと呼ばれておりますが、ブロックチェーン上にさまざまなプログラムを記述することができます。

Web3.0とは?

Web3.0とは?IPFSやDappsとブロックチェーンの関係【仮想通貨】

ここで話しても長くなってしまうので、詳しくは上記記事を参考にしてください。

大学生におすすめするビットコイン(暗号資産)の購入方法

先ほど購入方法を紹介しましたが、他にも購入方法はたくさんあるので、自分に合いそうな購入方法を真似してみてください。

無料サービスでビットコインを獲得する

最近はビットコインを無料で獲得できるさまざまなサービスが展開されています。

僕もポイントをビットコインに交換したり電力会社を乗り換えて毎月ビットコインが付与されるクレジットカードを利用してビットコインを貯めています。
おかげで数万ポイント分が一桁増えました。

無料で開設できる暗号資産取引所

  • コインチェック:電力・ガス会社を乗り換えると毎月ビットコインが付与されます
  • Bitgate:ドットマネーをビットコインに交換できます
  • bitFlyer:Tポイントをビットコインに交換できます

【無料でビットコイン】クレジットカード、ポイント交換、サービス契約、アンケート回答でもらえる

上記記事ではビットコインを無料で貯める方法を紹介しているので、ぜひ確認してみてください。

毎月つみたて購入

投資信託にも言えることですが、ビットコインを購入する際はつみたてで毎月自動で購入する事で、購入平均額を下げれるので、結果を出しやすくなります。

特にビットコインは価格変動が激しいので、毎月つみたてで購入すればビットコイン価格が高い時買ってしまっても来月は少し安い時に購入できるかもしれません。
そうやって購入平均額を少しづつ抑えることで長期的に無理なく投資ができます

【100円からビットコインを積立】bitFlyerやCoincheckで始める

僕もつみたて形式に変えた瞬間精神的にも成果も良くなりました。

単発はあまりおすすめできない

単発購入は購入時期を見極める必要があるので、あまりおすすめできない方法です。

ビットコインがどのようなものか試しに購入して、今後はあまり考えてない方であれば問題ないと思います。

大学生も正しい知識を身につけてビットコインを購入しよう

ビットコインなど暗号資産を購入する前にしっかり勉強しておいた方がいいと思いますが、僕は購入してからではないとやる気が起きなかったので購入してから勉強していました。

それでも購入金額は1万円くらいだったので、ちょうど良い自己投資だと思っています。